スポンサーサイト

Posted by 倖成卓志 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Liqueur - その6 狂気の酒場にて (At the Bars of Madness)

Posted by 倖成卓志 on 05.2007 狂乱のアブサン 0 comments 0 trackback
 アブサン、というお酒を知っていますか?
 フランスの、ニガヨモギをベースとしたリキュールです。
 綴りはAbsinte もしくはAbsinthe。アブサン、もしくはアブサントと発音します。

 元々は1792年、フランスの医師であるピエール=オーディネールが医薬品として作ったものです。ただし彼自身はこれを製品化していません。製品化されたのは1797年、ペルノーの手によるものです(この辺りの詳細は後述します)。


 このアブサン酒の最大の欠点は、精神障害を引き起こすことです。代表例はフランスの画家・ゴッホ。晩年の彼は、精神障害を引き起こし、自らの耳を殺ぎ、最後には自殺して果てました。

 1915年、フランス政府はアブサン酒の製造・販売を全面禁止しました。これによって、製造、販売はもとより携帯すら禁止されるという”禁断の酒”となったのです(アメリカの禁酒法が、携帯・飲酒を禁止せず、一部富裕層に対しては無関係という骨抜きの法律だったのとは雲泥の差です(参照:ポジティブリスト制度 VS 禁酒法))。

 しかし、ニガヨモギに含まれるツヨンという成分を10PPM(10mg/ℓ:1リットル当たり10mg)以下に抑えるという、EC基準を達成することを条件として、アブサン酒は現代に蘇ったのです。


 ところが、その基準をはるかに超えたアブサン酒を入手しました。もちろん、正規ルートで。

スポンサーサイト
 HOME 

プロフィール

倖成卓志

Author:倖成卓志
 いざ、霊薬【エリクシル】を求めて・・・

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。