スポンサーサイト

Posted by 倖成卓志 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Whisky - その9 クランの絆(Of Clan Bondage)

Posted by 倖成卓志 on 04.2010 至福のウィスキー 0 comments 0 trackback
 人の集団として最小単位といえば、『家族』でしょう。
 親と子、子の夫婦と孫、といったように純然たる血縁関係によって構成されている集団と言えます。

 父の父の、父以外の子の子は何と言うでしょう。
 面倒な言い方をしましたが、要するに父の兄弟から生まれた子のことです。そうですね、従兄弟【いとこ】ですね。これは、自分(a)の父(A)と従兄弟(b)の父(B)は、同じ父(Z)から生まれている(つまり祖父は(Z)という同じ人物)ということで、自分(a)と従兄弟(b)とは直接の血縁で結ばれた家族ではないけれど、確かに同じ血族であるといえます。
 こうした集まりが『血縁集団』とか『親族集団』などと呼ばれるものです。親子や親族だけで経営しているような同族企業とか零細企業を想像すると分かりやすいかも知れませんね。

 このように、直接確認できる繋がりとは別に、「実は遠い血縁関係にあります」という人たちで構成される集団というのもあります。『出自集団』と言われるもので、祖先が同じ場合がこれに当たります。
 自分(a)の子孫(α)と、従兄弟(b)の子孫(β)が、それぞれに父方の先祖をたどると(Z)なる人物に行きつく。逆に、(Z)から男の子孫をたどっていくと、(A)と(B)が生まれて、子孫(α)と子孫(β)は実は血族であると判明する。こんな具合です。
 そして、父方あるいは母方の一方から探り当てられ、その子孫たちで構成されている集団を『単系出自集団』といい、父方でたどる場合を『父系出自集団』、母方でたどる場合を『母方出自集団』と言います。
 また、父方や母方の一方だけに限定しない場合には『共系出自集団』という呼び方をします。


 一方で都市部では、血族によらない『地域集団』や『近隣集団』といった集団が社会を構成し、人的結合が薄いことが問題視されつつも、それを補うためのコミュニティーが常に模索され続けている状態です。
 簡単な例でいえば、みんなで環境問題を話し合う会を設けたり、趣味を同じくする人たちで集まるなど。

 核家族化だの、コミュニケーションの断絶だの、隣の人がどんな人だか知らないだのと言ったところで、結局、人は誰かと何らかの繋がりがあることを求め続けていると言えるでしょうね。それが血縁に始まり、住む場所に行きついて、今はその距離感がないだけの話。
 たとえば、日本の奥飛騨に住んでいる人と、フランスのランスに住んでいる人と、カナダのシャーロットタウンに住んでいる人とが、共通の趣味を持つお友達だと言っても、今では不思議には思われませんね。インターネットで築き上げられる新しいコミュニティーには、新たな集団定義が必要となるでしょう。

スポンサーサイト

Whisky - その8 赤い刻印の男(The Man with the Red Tattoo)

Posted by 倖成卓志 on 11.2009 至福のウィスキー 0 comments 0 trackback
 アメリカ・ケンタッキー州の、ドライヴ・コースで有名というと聞こえは良いが、単なる「ど田舎」に住んでるビル(うわ、今年で69歳か!?)から、新年の贈り物をいただきました。
Maker'sMark(coaster)

 パッと見た目には「何じゃこれは?」と言いたくなる形ですけど、丸くないコースターというのもなかなか味わいがあるものですなあ。

 Thank you , Bill!
 God Be With You! God Bless You!

 えっ、ビルってどんな人なのかって?

Whisky - その7 何故ベッシーに頼んだのか? (Why did he ask Bessie?)

Posted by 倖成卓志 on 10.2008 至福のウィスキー 2 comments 0 trackback
 私の、ウィスキーへの評価をガラリと変えた一品があります。


 それまでのウィスキーの印象といえば、

 とにかく高い。年配の方、オヤジが飲むもの。強すぎて飲みづらい。
 「ロックは格好を付けてるだけだ」とか、「水割りで飲むのは邪道だ」とか、「ストレートで飲む奴はただの気取り屋だ」とか、こだわりが強い上にん、なにやら悪口も多いようだ。

 そんな印象。


 私の場合、意識的に飲んできたのは、
 Wild - Turkey 【ワイルド・ターキー】 JOHNNY - WALKER 【ジョニー・ウォーカー】 の赤と黒→ Ballantine 【バランタイン】 のFinest 【ファイネスト】→ MACALLAN 【マッカラン】 の10年、12年、といった流れで来ているので、最初のものを除けば、比較的飲みやすいウィスキーばかりなのです。

 マッカランを飲んだ後はしばらくバーボンを探索していました。それからスコッチのブレンデッドへ移行。考えてみれば「優しい」ウィスキーばかり飲んでいたわけです。
「マッカランの味が分かるなら・・・お酒も強いみたいだし、これなんてどう?」
 行きつけの飲み屋で、とある大学の先生から勧められたウィスキー。飲んだ瞬間、
「草の香り?・・・海・・・というか、海の近くの草原を、馬の群れが駆けて行ってるみたい・・・」
「ああ、いい表現だ。分かるんだね」
 今だから言える、強烈なスモーキー・フレーヴァー。激しいまでのピート香。海を感じさせるヨード香。それらが余韻となっていつまでも残っている。アイラの特徴を前面に打ち出してくるこの印象の深さ。

 そのウィスキーとは・・・。

Whisky - その6 ナムバンの要塞(The Guns of nam-Ban)

Posted by 倖成卓志 on 08.2007 至福のウィスキー 0 comments 0 trackback
Out of sight , in a remote cove near Port Askaig lies Caol Ila , hidden gem among Islay's distilleries since 1846. Not easy to find , Caol Ila's secret malt is nonetheless highly prized among devotees of the Islay style.

Whisky - その5 最も忌まわしい出来事

Posted by 倖成卓志 on 04.2007 至福のウィスキー 0 comments 0 trackback
 スコットランド北西部にあるヘブリディーズ諸島。その中で最大の島にマカスキル兄弟が降り立ったのは1927年のこと。
 大きなごつごつとした岩が並んでいる島の西岸に土地を借り、そこで彼らは羊の飼育に励みながら、ある野望を心に秘めていました。

 3年後の1830年。ハーポート湖畔の農場に、彼らはウィスキーの蒸留所を設立しました。これを知った聖職者ロデリック=マクラウドが猛反対したものの、それだけで蒸留所が閉鎖されるはずもなく、「この島で今までに起こった最も忌まわしい出来事だ」と嘆いたそうです。

 この島の名前は SKYE[スカィ]島。

 そしてこの島で唯一の、この蒸留所の名前を冠したウィスキーが・・・。


 HOME 

プロフィール

倖成卓志

Author:倖成卓志
 いざ、霊薬【エリクシル】を求めて・・・

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。