スポンサーサイト

Posted by 倖成卓志 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Wine - 第4回 紫の泡沫

Posted by 倖成卓志 on 07.2006 魅惑のワイン 2 comments 1 trackback
 久々にワインのU氏から、スパークリング・ワイン・フェアーのお誘いの葉書を頂いたので、行ってきました。
 命題は「弱発泡」。発泡性ワイン(スパークリング・ワイン)の中でも、発泡の控えめのものを、辛口から甘口まで揃えたとのことで、非常に楽しみでした。

U氏「おお、久しぶり」
の一言から、相変わらずのワイン談義なんかしたりして。近況の話なんかもしたりして、
倖成「今、カクテルのブログを書いてるんですよ」
U氏「ああ、なるほど。カクテルはすっごく豊富だから、ハマるとその魅力というか、いろんな楽しみ方とかにとりつかれてしまうでしょう?」
倖成「ええ、もうキリがないくらいに。できるだけ、初心者向けを標榜してるんですけどね。『バーに行くのに、別に気取らなくていいよ』とか『カクテルは難しくないよ』とか。まあ、すっごくマニアックになっちゃうときもありますけどね(笑)」
U氏「(笑)」
倖成「でもって、ワインはここでしか買わないとか書いちゃってます。他では絶対買わない」
U氏「ありがとうございます」
倖成「だって、種類が多すぎてどれを買っていいのか分かりませんからね」

 ここが実はキーポイントでして、ワインの醸造所は近年、凄まじい勢いで増えてます。本当に分からない。
 時々、「有名人が絶賛」というだけで高値をつけていて、実際には大したものでも無かったり、逆にワイン評論家が低い評価を付けているために値段は安いものの、味わいでいえばあと1000円ほど高い値段を付けてもおかしくないものまで、実にさまざま。

 今回は、1000円代目白押し。なので最初はあまり期待していませんでした。まあ、スパークリング・ワインは Champagne 【シャンパン】を除けば、さほど高価なものはありませんしね。
で、試飲から購入に至ったのが、これ。


ASSOLO REGGIANO VINO FRIZZANTE ROSSO SECCO
 【アッソーロ・レッジアーノ・ヴィーノ・フリッツァンテ・ロッソ・セッコ】


ASSOLO


スポンサーサイト

Wine - 第3回 ボージョレ・ヌーヴォーを知ってますか?

Posted by 倖成卓志 on 16.2006 魅惑のワイン 0 comments 0 trackback
 実のところ、この話題には触れたくはないのですが、酒のブログを書いている以上、無視するわけにもいかないので、いつもとは違う形態を採ります。
 名付けて、クイズ「ボージョレ・ヌーヴォーを知っていますか?」。
 問題は、徐々に難しくなっていきます。
 ちなみに、後の問題文の中に、先の問題の答えがそのまま書いてある場合もあるので、必ず順番に解いてください。
 全問正解したら・・・何も出ませんが、多少の知ったかぶりができるかも?
 では、開始です。

Q1.
Beaujolais - Nouveau 【ボージョレ・ヌーヴォー】はどこの国のワインでしょう?

(以下、「ボージョレ・ヌーヴォー」は「ヌーヴォー」と略します)

Q2.
ボージョレ・ヌーヴォーの解禁日は「○月第3○曜日」である。○を埋めよ。

Q3.
主要先進国のうち、ボージョレ・ヌーヴォーの解禁が最も早い国はどこ?

Q4.
Nouveau 【ヌーヴォー】とは、フランス語でどういう意味?

Q5.
ボージョレが属している地域は?

Q6.
サントリー主催「2006 ボージョレ・ヌーボーの解禁を楽しむ会」。品川プリンスホテルで行われたこの行事に日本人のメイン・ゲストとして招かれた2人の芸能人は誰と誰?

Q7.
ヌーヴォーの元々の解禁日は何月何日?

Q8.
Q6にも出席した人物で、「フラワー・ボトル」とも呼ばれる鮮やかな花模様を描いたラベルを用いることでも知られる「ボージョレの帝王」といえば誰?

Q9.
Q8のラベルを描いている人物は誰?

Q10.
ヌーヴォーの主要品種であり、ボージョレ地区で最も使われているブドウの品種は?

Q11.
ヌーヴォーではほとんどが赤で、白はかなり貴重。ところで、ブルゴーニュの白ワインのほとんどで使われているブドウ品種は何?

Q12.
では逆に、ボージョレ以外のブルゴーニュ地域の赤ワインで主に使われているブドウ品種は何?

Q13.
ヌーヴォーのみならず、Chablis 【シャブリ】、Chambertin 【シャンベルタン】、Meursault 【ムルソー】などのブルゴーニュ一帯の一流ワインも手がけている、1880年にボーヌで創立した、家族経営でも知られるワイナリーといえばどこ?

Q14.
村名ACワインのひとつで、村に古い風車があることから、風車を意味するフランス語を名前に用いた、ボージョレの一種といえば何?

Q15.
炭酸ガスを充満させたタンクの中にブドウを入れ、数日放置した後に果汁だけを取り出して発酵させるという、ヌーヴォー独自のこの製法を何という?


Wine - 第2回 黒猫

Posted by 倖成卓志 on 11.2006 魅惑のワイン 0 comments 0 trackback
 分かる人には題名だけで分かる、定番のドイツ白ワイン。

 「黒猫は悪魔の使い」

魔女の傍にいる使い魔は・・・黒猫。
黒猫が目の前を通り過ぎると不幸になる。
 黒=闇
 闇=魔
 魔=不幸

 という辺りが、日本人が西洋から受信した情報でしょうね。一方で、

「黒猫は神の使い」

黒は何色にも染まらない=何色も跳ね返す
病気・災厄にも染まらない=最高の厄払い

 というわけで、占い師やハリウッドの女優さんなどで、むしろ積極的に黒い猫を飼う人もいるそうで。


 ドイツ・ツェル地方では「黒猫が座った樽のワインが最高」と言われ、「ツェルの黒猫」という意味の

ツェラー・シュワルツ・カッツ

Zeller Schwarze Katz 【ツェラー・シュワルツ・カッツ】

という名が冠せられているのがこのワイン。
 少し甘口で、年配の方などが時々「(ドイツの)白ワインは甘い」とおっしゃられるのですが、このワインの影響ですね。近頃のドイツの白ワインは必ずしも甘口のものばかりではないのですが。
(ちなみに今年はドイツ年で、ドイツの優秀な白ワインが日本にかなり流れ込んできています)


Tクン「黒猫の、って値段がいろいろあるんだけど・・・ランクの違い?」
 はい、知りたがりやのTクン登場。素朴な疑問ってすっごく刺激になります。「知ってるつもり」になっていたのが、調べてみると「え、違うの!?」なんてことがあったりして・・・。
 でもって、回答です。

答え:造り手(ワイナリー)の違い

いろんなワインを飲んでいって、ふと畑との関係に疑問を抱くと、名前で混乱します。
 たとえば、「 Chateau Margaux 【シャトー・マルゴー】 」というのは、その名の通り、「シャトー・マルゴー」で作られている赤ワインに冠せられる名前です。
 当たり前?
 でも「 Chablis 【シャブリ】 」は「シャブリ」という地方で作られた白ワインです。
 お分かり?
 シャブリのランクとしては「1級畑【 1er Cru :プルミエ・クリュ】」や「特級畑【 Grand Cru :グラン・クリュ】」などがありますが、だからといって「シャブリの 1er Cru 【プルミエ・クリュ】を下さい」と言われてもどうにもなりません。何故なら、同じ地方にはたくさんの畑があって、しかも1つの畑から獲れたブドウをワインにする人たちもたくさんいるのです。
 シャブリ地方の 1er Cru【プルミエ・クリュ:1級畑】 のひとつ、 Montee de Tonnerre 【モンテ・ド・トネール】 で獲れたブドウで、 Louis Michelle 【ルイ・ミシェル】 という人が作ったワインが欲しい場合・・・「『シャブリ、プルミエール・クリュのモンテ・ド・トネール、2004年、ルイ・ミシェル』を下さい」。厳密にはここまで言わないと通じない。

 ちょっと難しい話になっちゃいましたね。
 敢えて誤解を恐れずに、メチャクチャ大雑把に例えると、「サントリーのビール下さい」と言われても困っちゃいますよね? 「サントリーの、何のビールが欲しいの?」
 「MALT'S 【モルツ】」なのか「The Premium Malt's 【ザ・プレミアム・モルツ】」なのか「発泡酒・純生」なのか「ダイエット生」なのか「SUPER BLUE 【スーパー・ブルー】」なのか・・・(最後の方は「発泡酒」とか「その他の雑酒」になりますが、雰囲気として感じてください)。
 ワインの場合、ブドウ畑からすでに分類が始まっているわけです。「Chablis 【シャブリ】 下さい」と言っても、「どの畑で獲れたやつ? 何年もの? 造り手は誰?」・・・まあ、ここは日本であって、本場フランスではないので、そこまで厳密に覚えたり頼んだりする必要はありません。買うときに「酸味が強いのが好き」とか「さっぱりしたのがいい」と言って相談するのが吉です。

 話が横道にそれてしまいましたが・・・。
 要は「 Zeller Schwarze Katz 【ツェラー・シュワルツ・カッツ】 」も、ツェル地方で作ったワインになら、ツェルのどこで誰が作ろうが同じ名前を使うことができるわけです(もちろん、限度というものはありますが)。1箇所のワイナリーがランク付けして売っているわけでなく、多くの造り手(ワイナリー)がいるわけで、それによって値段が違うわけです。ちなみに、瓶の形やラベルの模様、ラベルに描かれている黒猫の様子なども異なるので、「あれ? この間○○で見た黒猫と違う?」ということもしばしば。
 同じ「カッツ」でも微妙に味は変わるわけで、まあそこまで深入りする必要はないのですが、「高いのは良質、安いのはそうでもない」というわけはないので、懐具合と相談して(というほどの差額でもないのですが)一度試してみるのもいいでしょう。


 せっかくなので、新しいドイツワインをひとつ紹介!!
Weingut Spreitzer 2004 Oestricher Lenchen Kabinett
 Weingut 【ヴァイングート】 というのは醸造所のことです。ラインガウ地域と言えば、 Steinberger 【シュタインベルガー】 が有名ですが、そこのワインということで買ってみました。「ツルンとした感覚」と言われたのですが、確かに果実味と酸味とがきれいにまとまって、皮を剥いたばかりのブドウを飲み込んだような、優しくも不思議な味わいでしたが・・・・。
 日本のネット情報を引っ張ろうとしても見つかりませんでした。深緑色で、クリスタルを思わせる瓶の形・・・よし、今回はイジワルして(?)、瓶は見せずにラベルだけ。
spreitzer.jpg


 ラベルの裏表示によれば、作り手は「Weingut Josef Spreitzer」。
 なお公式HPは↓です。が、当然すべてドイツ語ですのでご注意。
http://www.weingut-spreitzer.de
 で、確かにラインガウ地域、ブドウは Riesling 【リースリング】 を使っているとのことで。
 うーむ、HPのドイツ語を訳することができればもっと分かるかも知れないのですが。もしかしたら、日本にはまだそれほど入ってきていないのかも・・・。
 これからは、より容易に入手できるでしょうし、値段もそれほど高くないので一度お試しを。



←ブログランキングです。ご協力お願いします。



Wine - 第1回 闘牛

Posted by 倖成卓志 on 26.2006 魅惑のワイン 0 comments 0 trackback
 スペインといえば「フラメンコ」と「闘牛」。Matador 【マタドール】 と呼ばれる闘牛士と闘牛とが Arena 【アレーナ(闘牛場)】 で戦う様は、実際に見たことがなくとも、TVなどでご存知でしょう・・・などと偉そうなことを書いていますが、私も実際には見たことがありません。見たことがある人によると、闘牛士たち(実際に赤い布をヒラヒラさせているマタドールだけでなく、モリや槍を打ち込む役割の人たちもいるらしいので)を格好良いと見るか、痛めつけられる牛が可愛そうとみるか、それによって印象が変わるそうで。
 闘牛自体の歴史は古代ギリシャ・ローマ時代にまでさかのぼる。8世紀初頭にアフリカ北西部に居を構えていたムーア人たちがスペインに侵入した際にヨーロッパへ伝えたとか。スペインの闘牛はいつも行われているというわけではなく、春の復活祭から11月までの毎日曜日。
 「スペインの闘牛」? スペイン以外でも闘牛って行われているの?
実際、スペインの闘牛のイメージでポルトガルの闘牛を見ると違和感を覚えるとか。ポルトガルでは牛を殺さないらしいのです。


サングレ・デ・トロ

Sangre de Toro 【サングレ・デ・トロ】


 スペインの Torres 【トーレス】 社の赤ワインです。
 名前の意味は「闘牛の血」。その名の通り、濃厚で力強いワインです。ただし、悪く言えば、繊細さのカケラもない実に大雑把な味。初心者向け。目印は、ボトルヘッドの所に付いている黒い牛のフィギュア。
 ワインは気取って飲むもの、優雅に飲むもの、たくさんの知識が必要だ、などというクダラナイ偏見を持っているために、ワインを一度も口にしたことがない人。あるいは、ただ単にポリフェノールが豊富で健康に良いからなどというツマラナイ理由で渋々飲んでいる人。あるいは知ったかぶりで飲んでいるけど、本当はいまだにワインの味が分からないんだけど、それを言うのが恥ずかしいなぁ、と思っている人。そんな人たちに一度飲んでもらいたい一品。
 良い点は、安くて、かつ簡単に手に入ること。しかもこの濃厚さは、力強いスペイン料理に実によく合うので、油っこい料理や肉料理をガッツリ食べる人にお勧め。


 ワインも最上を求めるとキリがないのですが、安くて(と言っても安いと感じるかどうかは人それぞれですが)も素晴らしいワインがあって、一方で名前は知られているのにクダラナイワインもたくさんある。とりあえず今回は赤ワインの初歩の初歩。というわけで、次回は白ワインの初歩の初歩で。
 と言いつつ、第3回目でいきなりレベルアップしてしまう可能性もある・・・。


←ブログランキングです。ご協力お願いします。


 HOME 

プロフィール

倖成卓志

Author:倖成卓志
 いざ、霊薬【エリクシル】を求めて・・・

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。