スポンサーサイト

Posted by 倖成卓志 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Cocktail - 第27回 カクテル・コレクター(The cocktail - Collector)

Posted by 倖成卓志 on 26.2008 悠久のカクテル 4 comments 0 trackback
 ウィスキーがベース(基酒)となっているカクテルというのは、思いのほか多くはありません。

 いくつか理由は考えられますが、他人に話した時に最も納得してもらえた回答に、「ホワイト・スピリッツ(無色蒸留酒)に比べて、ウィスキーは完成度が高く、他のものを混ぜるとかえって美味しくなくなる」というのが上げられるでしょう。要は、そのまま飲んだ方が良いということ。
 ホワイト・スピリッツはたいてい、そのままでは飲めません。私はジンをそのままストレートで飲むのを好みますが、ウオツカ、ラム、テキーラとなると、果実などで香り付けされたりカラメルで甘みをつけたりしたものでない限りは、ほとんどそのままでは飲みません。逆にそのアルコール性の強さはジュースなどで割ったときにもかき消されず、そこに新しい味わいを生み出してくれます。
 それに比べれば、ウィスキーやブランデーは十分そのままで飲むことが出来、かつ、シェークで他の飲み物と一緒に激しく揺さぶるとせっかくの味わい、香り、旨みが壊れてしまうこともあります(例外的に、バーボンやライ・ウィスキーはシェークしても味や香りが壊れにくい頑丈さがあります)。

 ジン・ベースなら軽く2桁、他のホワイト・スピリッツでもかろうじて10種類弱、「これは旨いよ」とお勧めできるカクテルがあります。
 しかし、ウィスキー・ベースとなると、私としては「これぞ最高」と呼べるものは、今のところわずかに3つ(将来増える可能性もありますが)。何とかお勧めできるものも、五指に足りるかどうかというところかも知れません。


スポンサーサイト

タリスカーはそこにある

Posted by 倖成卓志 on 15.2008 言いたい放題 0 comments 0 trackback

TaliskerPostcard

 以前に紹介したTAKLISKER SQUARE(http://www.talisker.jp/)で、クイズの全問正解者に送られるポストカードが、届きました。

 5枚1組。
 おそらくはPortree 【ポートリー】 の港、東岸にあるKilt Rock 【キルト・ロック】 などなど。

 HOME 

プロフィール

倖成卓志

Author:倖成卓志
 いざ、霊薬【エリクシル】を求めて・・・

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。