スポンサーサイト

Posted by 倖成卓志 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Cocktail - 第28回 王者の贈り物(The Gift of the Prince)(その1)

Posted by 倖成卓志 on 16.2008 悠久のカクテル 2 comments 0 trackback

 すべての始まりは1689年の「イギリス名誉革命」でした。

 これについて詳しく話をすると、世界史の授業が1時限分必要となるので、要の部分だけ引用すると・・・

名誉革命(めいよかくめい、Glorious Revolution)は、1688年から1689年にかけて、ステュアート朝のイングランド王ジェームズ2世(スコットランド王としてはジェームズ7世)を王位から追放し、ジェームズ2世の娘メアリーとその夫でオランダ統領のウィリアム3世(ウィレム3世)をイングランド王位に即位させたクーデター。イングランドではほぼ無血革命だったため「名誉革命」と呼ばれるが、スコットランドやアイルランドでは無血ではなかった。清教徒革命と併せて、「イギリス革命」と呼ぶ場合もある。
(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%8D%E8%AA%89%E9%9D%A9%E5%91%BD)

 となります。
 誤解を恐れずに大雑把に言えば、イングランド議会がジェームズ2世の悪政に不満を抱いてこれを追い払った事件なのですが、議会がプロテスタント、ジェームズ2世がカトリックであったこともその要因のひとつとなっていたのです。


スポンサーサイト
 HOME 

プロフィール

倖成卓志

Author:倖成卓志
 いざ、霊薬【エリクシル】を求めて・・・

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。