スポンサーサイト

Posted by 倖成卓志 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Spirits その6 - 不気味なまでに薄暗い空の下で・・・

Posted by 倖成卓志 on 12.2006 雄渾のスピリッツ 0 comments 0 trackback
BLAVOD
 【ブラヴォド】


BLAVOD


 製造元は、ロンドンに本社を構えるBLAVOD DRINKS LTD.
 そしてアメリカでは、THE BLACK VODKA COMPANY, INC. の名前でテネシー州フランクリンに拠点を置いています。

 Black Vodka とあるように、黒いVodka 【ウオツカ】です。感じとしてはむしろ、薬草系リキュールに近い代物です。ただし、純粋に黒というわけではありません。深緑色です。光に透かすと、確かに緑色です。
 これはミャンマー産のブラック・カテチュという薬草が使われているためで、タンニンが非常に豊富。薬草は南アジアや中央アフリカ、東アフリカで栽培されていて、そのまま健胃薬としても使われているそうです。

 -  ☆  -  ★  -  ☆  -  ★  -

 Mark Dorman【マーク=ドーマン】 なる人物が、サン・フランシスコのバーで、まずは28種類ものウオツカの中からひとつを選びました、その後、「コーヒーはブラックにしますか、それともホワイト(ミルク入り)?」と聞かれた瞬間に、「黒いウオツカというのもアリなんじゃないか?」と思い立ったのがきっかけとなったようです。

 1996年に販売された、比較的新しいスピリッツ。
 ドーマンがハッと思いついたように、スピリッツはそのほとんどが無色透明、いわばホワイトだったわけで、という色はまるっきり存在していませんでした。そのため、カクテルにおいても、黒というのは稀少。

 黒いお酒といえばブラック・サンブーカ、コーヒー・リキュール、黒ビール、あとはブラック・ウィスキーとして知られるマノックモア蒸留所のLOCH DHU 【ロッホ・デュー】ぐらい。この中で、カクテルとしてその名を知られている作られ方をしているのは、すでに紹介したコーヒー・リキュール以外で言えば、



Black - Rain 【ブラック・レイン】
基酒:Wine 【ワイン】
技法:ビルド
度数:14度
グラス:シャンパン・グラス
レシピ
Sparkring - Wine 【スパークリング・ワイン】 9/10
OpalNera black SAMBUCA 【オパールネラ・ブラック・サンブーカ】 1/10

 ぐらいなものでしょうか。松田優作主演のハリウッド・映画『Black Rain』にちなんで作られたカクテルです。

 -  ☆  -  ★  -  ☆  -  ★  -

 それにしても不思議なのは、「ソフトでマイルド」という評価。
 確かに裏のラベルには
 「an exceptionally smooth clean tasting vodka
 と書かれていて、訳せば「非常に口当たりがよく、均整の取れたウオツカ」という意味になります。
 ところがネットでこれの登場するHPなどではどこもかしこも「ソフトでマイルド」かあるいはそれに準じた評価になっているのです。


 さすがに最初は戸惑いました。
 私の記事にお付き合いしていただいている方々はご存知でしょうが、私がスピリッツやリキュールに飲み”慣れている”ので、普通の人(?)ならキツいとかエグいという味も、多少の抵抗はあっても、それなりに受け入れることが出来るのです。
 初めに飲んだ感想は「薬草の香りと味は、薬草系リキュールほどじゃないけど、さすがに少しキツいな」と感じました。一方で、”口当たりがよく、均整の取れた”と書かれている意味も理解しているつもりでした。

 それなのに、おそらくは薬草系をそんなに飲み”慣れていない”であろう方々までも、みんながみんな「ソフトでマイルド」と書かれている。カクテルに使われて、香りも味も和らいだ状態であっても、いくら瓶にそう書いてあったとしても、これを”そのまま”「ソフトでマイルド」と表現できるだろうか?
 「薬草を使っているわりにはソフト」とか「見た目よりも意外とマイルド」というのならともかく。
 ひょっとして、私の方がおかしい? ・・・そんな疑念がふつふつと。


 結論から言えば、裏ラベルの”口当たりがよく、均整の取れた”という
 本当の意味
 は、一般的な「ソフトでマイルド」という意味”ではない”のです。
 これは普通の酒好きにではなく、スピリッツ派に向けられている言葉なのです。


 では回答。
 ブラック・カテチュを使うことで”口当たりがよく、均整の取れた”味わいになっているのは、ストレート、もしくはスピリッツの比率が非常に高いカクテルの場合を指しているのです。
 スピリッツは、そのまま飲むには度数も高く、アルコールが強いためにムセるような感覚を覚えてしまいます。ストレートで飲むにはツラいし、比率の非常に高いカクテルではキツさが残る。それらを解消している、という意味なのです。
 スピリッツ”なのに”口当たりがよく、薬草を混合させている”のに”均整の取れた出来上がり。

 この回答、一人では無理でした。本当に少々自信を失いかけていて、最後の望みとばかりにブラヴォドのHPに飛び込んだら・・・
 「it makes the vodka a little smoother」の文字が。
 この「a little 【少し】」が、助け舟でした。少し・・・そう、少し滑らかなウオツカ。

 普通のウオツカをストレートで飲んだ後、ブラヴォドをストレートで飲むとよく分かります。普通ではムセるような感触、喉が焼け付くような刺激があるのに、ブラヴォドの場合は薬草の香りと味わいでそれらが”少し”和らげられており、”そのままでも飲める”ようになっています。


 薬草の香りと味わいは、邪魔にならない程度に柔らかく、そして少し滑らかな喉越しに仕立て上げているスピリッツ。それがブラヴォド。

 -  ☆  -  ★  -  ☆  -  ★  -

BLAVOD(list)


 こんなのがくっついていました。Black - Bull Black - CosmoBrack & Cran Black Martini の4カクテルの紹介です。

 オールド・ファッション’ド・グラスのものはすべて、フロート(浮かべる)させたものです。ブラヴォドは比重が非常に軽く、バー・スプーンを使わなくても、軽く注いであげればすぐに浮かび上がってくれます(もちろん限度というものがありますが)。
 Black - Cosmo はCosmo のアレンジですね。Cosmo 【コズモ】 ボンベイ・サファイアでも紹介したカクテルです。


Black - Cosmo 【ブラック・コズモ】
基酒:Vodka 【ウオツカ】
技法:シェーク
度数:27度
グラス:カクテル・グラス
レシピ
[BLAVOD] Vodka 【[ブラヴォド] ウオツカ】 2/3
Cranberry - Juice 【クランベリー・ジュース】 1/3

 Triple Sec 【トリプル・セック】(ホワイトキュラソー。コワントローでも可)を振り落としてシェークし、グラスへ注いだらライムのスライスを飾る。
 

 冊子のBlack - Martini 【ブラック・マティーニ】は、ただ単に「ブラヴォドにオリーブを飾る」とだけあったので、少しアレンジ。Vodka - Tini 【ウオツカティーニ】そのままに。
BlackTini

BlackTini 【ブラックティーニ】
基酒:Vodka 【ウオツカ】
技法:ステア
度数:35度
グラス:カクテル・グラス
レシピ
[BLAVOD] Vodka 【[ブラヴォド] ウオツカ】 4/5
Dry - Vermoute 【ドライ・ヴェルモット】 1/5

 最後にレモン・ピール。普通のウオツカティーニよりも香りの成分がやや強いかわりに、度数の割には柔らかい喉越しで。


 この冊子の裏には、究極のレシピが載っています。
1.ハイボール・グラスに少々、アイス・キューブを入れてください。
2.あなたの好きな飲み物を注いだら、
3.その上からブラヴォドをゆっくりとフロートさせましょう。
 ・・・なんでもアリってことですね。

 トマト・ジュースにブラヴォドをフロートさせた、Bloddy - Mary 【ブラッディ・メアリ】のアレンジ版です。

ブラックメアリ

Black - Mary 【ブラック・メアリ】
基酒:Vodka 【ウオツカ】
技法:ステア
度数:10度
グラス:オールド・ファッション’ド・グラス
レシピ
[BLAVOD] Vodka 【[ブラヴォド] ウオツカ】 45ml
Tomato - Juice 【トマト・ジュース】 適量

 スピリッツ派、あるいは「ウオツカをストレートで飲んだことがなくて、でも興味あり」という方ならそのままグイっと。でも薬草の感触はsしっかりと残っているので、薬草リキュールが苦手な方は混ぜて飲むのが良し。と、いったところでしょうか。
 他にもいろいろ試してみましたが、それらについては「オリジナル・カクテル奮闘中」の続編にて。



←ブログランキングです。ご協力お願いします。

にほんブログ村 酒ブログへ← にほんブログ村 酒ブログへ

「ブログ・ルポ」評価ボタン(どれか押してもらえると嬉しいです)




スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://ktka.blog56.fc2.com/tb.php/146-0042c096

プロフィール

倖成卓志

Author:倖成卓志
 いざ、霊薬【エリクシル】を求めて・・・

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。