スポンサーサイト

Posted by 倖成卓志 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Beer その3 - これって麻薬?

Posted by 倖成卓志 on 17.2006 享楽のビール 0 comments 0 trackback
 麻の実が健康食品として広く認知されるようになったのは近頃ですが、実際にははるか昔から広く活用されていた植物です。
 麻の実は亜鉛や脂肪酸が豊富なため食用に用いられ、また行灯[あんどん]の灯油としても使われていました。一説では、縄文式土器の縄文模様は、麻縄でつけられたものであると言われています。他に麻布[あさぬの]や麻服なども作られていました。
 ヨーロッパではスパイスの一種として珍重されていましたし、中国では五穀のひとつに数えられているほどです。

 ではなぜ日本での、特に食用としての認知度は低かったのでしょうか?


 -  ☆  -  ★  -  ☆  -  ★  -


 「麻」という文字を見て、マリファナやハシシといった「大麻」を思い浮かべる方もおられるでしょうが、麻は「クワ科」、大麻は「アサ科」と分類されています。この「大麻」がクセ者だったのです。
 1948年、GHQにより「大麻取締法」が施行され(というか押し付けられ)、麻の栽培が著しく制限されてしまいました。マズかったのは、それまでの日本では「麻」と「大麻」を同じものとして扱っていたこと。同じ「麻」だと思っていたことです(実際、昔は「大麻」は「クワ科」に分類されていました)。
 確かに「大麻」から「麻子仁」という胃腸薬が作られていました。実も食用として使われています。問題は花と葉で、これがいわゆるドラッグを作り出す。大麻取締法は当然、この大麻を規制するはずのものなのですが、日本側は認識不足から、言い訳もできないままに麻まで規制してしまった。さらに言えば、GHQ側にも認識不足があった。それは、日本では大麻をドラッグとして使うなんてことは「考えもしなかった」こと。薬効としてしか使っていなかった植物を、一方的なゴリ押しと、お互いの認識不足によって排除してしまったのはまことに愚かしいことだと思いませんか?

 現在では、厳密に区分けされています。麻は世界中で作られる一方、大麻は緑内障への治療薬として効能を認められているものの、ドラッグとしては当然規制されています。
 麻に含まれている脂肪酸は、肥満の原因となるそれとは異なり、必須脂肪酸といって、どんな人間に必要な反面、体内では生成されないので外部からの摂取が必要となるものです。
 麻の実蕎麦、亜麻仁油など、麻の実を使った食べ物や油も人気を博していますね。
SPIRIT OF HEMP
 【スピリット・オブ・ヘンプ】


SPIRIT OF HEMP



 大麻の種子のエキスを使った、オーストリーのビールです。種子はドラッグにはなりません。
(余談ですが、オーストリア政府は日本での認知度を高めるため、これからは日本ではオーストリ「ー」と呼んで欲しいとの要請がありましたね)

SPIRIT OF HEMP(label)


 製造元はEggenberg。度数は4.9度。
 飲み口はごく普通のラガー・ビールという感じですが、ほんの少し、コクを感じます。クドくないけど、力はある。ラベルの上方にある「TIROLHANF」とはチロル・ヘンプ、チロル地方の麻ということです。


 -  ☆  -  ★  -  ☆  -  ★  -


 ヘンプ・ビールというのがありました。
 その名の通り、ヘンプ(麻)を使ったビールです。かつては主流のひとつだったようです。しかし1516年にドイツで発布された『ビール純粋令』により、ビールは「麦芽とホップと水を使ったもののみ」となり、1556年の追加条項で「酵母を含む」と定められます。つまりヘンプは除外となり、衰退に至ったのです。
 もっとも、現在ではこの『純粋令』はドイツ国内で適用されているだけで、諸国ではむしろ他の材料を混ぜ込むことが多いので、こぞって『いろんな』ビールが造られています。実はヘンプ・ビールは日本でも造られています(大手では造っていませんが)。

 身体に良いという以前に、クセがあまりないのにコクが少しあるという、飲みやすいけどあっさりしすぎてはいないというビールなので、一度お試しあれ。



←ブログランキングです。ご協力お願いします。



↓ にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村 酒ブログへ

「ブログ・ルポ」評価ボタン(どれか押してもらえると嬉しいです)

スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://ktka.blog56.fc2.com/tb.php/165-462dae7e

プロフィール

倖成卓志

Author:倖成卓志
 いざ、霊薬【エリクシル】を求めて・・・

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。