スポンサーサイト

Posted by 倖成卓志 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年総括

Posted by 倖成卓志 on 31.2006 言いたい放題 8 comments 0 trackback
 まさか私がブログを書くとは、1年前には想像などしていませんでした。

 「ブログ = Web上の日記」
 と聞いていて、「自分の日記を、不特定多数の人に見てもらいたいというのは、どういうことだろう? 変なこと書いたら恥ずかしいし、自己中なことを書いても面白くないし・・・」と思っていたので、まったく関与する気が起きませんでした。

 どういうわけか、ネットサーフ中に「FCブログは無料」という内容の文章に出会って・・・FCブログに来てみれば、別に日記じゃなくてもいいんだ、と気付いて。
 最初は、乱読しまくりの本性を生かして、今まで誰かに言いたくても誰に言えば良いのか分からないようなことを書きまくってやろうと考えていました。歴史上の人物の意外な素顔とか、好きな経営者の話とか、あの事件はこういう見方をすべきじゃないかという提言とか、経済と外交の難しい話とか、占いの話とか、雑学とか・・・。

 で、ふと「そういえばカクテルのこと、言いたいことが山ほどある」と思って、書いたのがCocktail - 第1回 Bronx、Orange-Brossom


 で、一点集中に切り替え。
 古代中国史も面白いので(現代中国にはまったく興味が沸きません、というより嫌悪感しか起きない)、Cocktail - 第7回 友よ、我が友よで紹介した「管鮑の交わり」以外のことも、何か書いていきたい・・・けど、ここではムリっぽいなぁ。雰囲気が違いすぎる(雑学なら、「バーでの会話ネタ」という形でカテゴリーを作ることもできるかも知れませんが)。


 -  ☆  -  ★  -  ☆  -  ★  -


 当初のものを読み返してみると・・・やはりこういう思いで書き始めたんだなぁ、と。「ねえ、カクテルに対して、偏見を持ってませんか?」と言いたいんだなぁ、というのが分かります。この辺りの思惑についてはカテゴリー『言いたい放題』で何度か取り上げてますし、これからも書いていくつもりではいるんですよね。もっとも、本来はカクテルにまつわる面白いエピソードばかりを書いたほうが楽しいんですけど、それはいろんなカクテル・ブックで紹介されていますし、私としては「こう思った」とか「こんなことがあった」ような内容を含めたほうが、多少なりとも違った面が見えてくるのではないかな、とそう思うわけです。

 「初心者向け」を標榜していた割には、内容がだんだんマニアックになったり、でも時々振り返ってみたり。
 たとえ一人でもいいから、カクテルとかお酒に深く関心を抱いてくれれば、そしてバーに気軽に通って今までと違う世界を見ることができれば、嬉しいと思えるようになってきました。

 ちょっと一息。

 -  ☆  -  ★  -  ☆  -  ★  -


BOMBAY SAPPIRE
GORDON’S(new)



 文章ばかりだと疲れるので、画像を放り込みました。BOMBAY SAPPIRE 【ボンベイ・サファイア】 。そろそろ補充しないと(それ以前に”残り”のジンを買う気がする・・・)。
 そういえば新しいGordon's 【ゴードン】。味が変わっていないような気がしてたのですが、どうやら変化しているみたいです。やはり、常時飲み慣れているプロの方にはすぐに分かるんですね。


 -  ☆  -  ★  -  ☆  -  ★  -


 データベース内を含めて、カクテルの数が、どんどん増えていくうちに不安になってきたのは「こんなにいろんな種類があるんだ」と思われる一方で、「こんなにあると、何が何だか分からない」という感想を持つんじゃないかな、と思えてきたこと。

 私も初めてカクテル・ブックを見たとき、ジンとかラムとかウィスキーなどはまだ分かるんですが、ディサローノ・アマレットとかベネディクティンとかデュボネとかっていうのが、まるで想像が付かない代物で、その”特殊な”お酒が無いとカクテルって出来ないのかなぁ、なんて敬遠しちゃった時期もありました。

 なので、どういうカクテルが飲みたいかを探し出すことができれば、いいんじゃないか。データ・ベースの中から、全部ではなく一部だけを、色とか基酒とかから探し出せれば、「ああ、今度こういうのを飲んで見たい」と思えればいいなじゃないかな、と思って「検索室」なるものを作ろうとしているのですが・・・ちょいと時間が無さ過ぎて、基盤すらできてない状態です。もちろん、アルファベット別のものを順に眺めていって、選んでもいいですよ。「検索室」が初心者向けで、データベースをツラツラと眺めるのが上級者向けって感じで。でも、これって普通、HPでやることじゃないのかな?

 まぁ、いいか。

 これが2007年の、当初の目標といったところでしょうか。

 
 -  ☆  -  ★  -  ☆  -  ★  -


 2006年の最大の成果としては、やはりジンのテイスティングです。カクテルの中のジン、としてなら何度か味わって、例えば「ビーフィーター・ジンをベースとしたマティーニ」と、「ゴードン・ジンをベースとしたマティーニ」の違いは分かっているつもりでした。
 が、ふと考えてみたら、
「ジン&ビターズ、って、どのジンでも構わないんだけど・・・本当に構わないのか?」
 で、ゴードンをとりあえずストレートで・・・飲んだことはあったはずなんですけど、それはバーでのことで、家ではカクテルの材料としてしか見ていなかったものですから・・・あれ、こんな味だったっけ? という感じになって。
 折りしも、酒倉庫のお店を教えて貰ったので行ってみたら、あるわあるわ、こんなに種類があるのかといわんばかりに。よし、これをテーマにしよう、と。重複すると長くなるので省略しますが、5種類全部、ジンであるからには作り方の基本はほぼ同じはずなのに、まるで違う。カクテルの材料にしたときの性格の違いまでも、実感できたことですね(プリマスの「他を引き出す」性格の謎がずっと気になってるんですけどね)。
 ここでブログを書いてなかったら、おそらく体験しようとはしなかったでしょうね。「このカクテルはゴードン指定ということに”なっている”」とか、「プリマスを指定していることに”なっている”」で、そういうものだと勝手に納得して、おしまいという感じ。


 -  ☆  -  ★  -  ☆  -  ★  -


 一方、全然進まなかったのが、ワインとウィスキー。
 
 ワインは結局3本、しかも最初の2本は定番中の定番。ワインの飲み方とか選び方とか嗜み方に、全然触れてないです。唯一主張できた内容は、「よくご存知の方のアドバイスを受けましょう」という程度でしたね。
 ウィスキーも最初の2つは定番ものの歴史で、あとは衝動買いした代物。バランタインの「はしご」と「花」の話も書いてないし。扱いたかったモルト・ウィスキーは下書きをちょこっと書いただけで放置状態になってしまいました。シングル・モルトは、ブレンデッドや、バーボンなどに比べてちょいと値が張るので、おいそれと買えないという事情もあるのですが、私をウィスキー好きに変えたあの1本が書けなかったのはちょっと悔やまれる。禁酒法との絡みも面白いのに。そういえば禁酒法時代にアメリカのワイナリーは何をしていたのかとか、書いてないなあ。

 こうして見ると、「酒」という大きなカテゴリーの中に、各々の小さなカテゴリーが存在していて、それぞれが非常に魅力的ですね。


 -  ☆  -  ★  -  ☆  -  ★  -


 新たな出会い。

 LATTE DI SUOCERA 【ラッテ・ディ・スゥォチェラ】と、漫画『BARレモン・ハート』(現在、古本屋を探索して収集にとりかかっています)を教えてくださったfilth氏。執事長さんと共にBARの経営を始められ、その情熱と努力の様は素晴らしいものを感じさせられます。

 刺激的な(?)コメントを下さる神保銀郎氏。私が見逃していた点や、あるいは違う考え方などを、時に辛辣に書いてくださいます。気付かされることも多く、独りよがりな内容にならずに済むのがとてもありがたいです。

 カクテルに素直なまっぴ~氏。私はやや不器用な性質で、かつ理論と実践の適正な併用を求めてしまう傾向にあるので(表現が固いか)、氏の素直で率直な感想は初心を思い起こさせてくれます。


 他にも、最近訪問してくださったfeyさん、最初のコメントを頂いた麻。さん(何故か返信コメントが消えてしまいましたが)、カクテル初心者の楽丸さん(ブログが停止してますね)、おうちカクテルのamraさん(「Tia Maria 【ティア・マリア】」はデータベースに入れました)。
 それから、こちらから一方的に訪問してコメント書きまくりさせていただいている方々。「Hidari's Bar」の小島左さん(初めてリンクを張らせていただいた方です)、「総統の小言帳」の7号リールさん、「日々無限大」の黒乃ユキノさん、「blog版 さんぎょう通信」の山本和人さん。(後者のお三方にはまだリンク許可を頂いてないのでリンクを張ってませんが)など、ご迷惑をおかけしてますね(特に総統のブログでは政治の話ばっかり書いてますし、山本社長のブログでは経営の話を1回しただけ)。
 逆に言えば、こちらにコメントを頂けていないのが寂しいので、もう少し訪問を増やして、アプローチをかけてみますか。


 もちろん、閲覧してくださるたくさんの方々にも感謝の気持ちでいっぱいですね。最初の訪問者数が一ヶ月でようやく100程度だったのに、今では述べ人数とはいえ一週間に200から300人の方々が訪れてくださっている。
 もちろん、1日に数千件もの訪問者を迎えているような巨大ブログページの存在も知っていますが、こんな狭い領域で(酒ブログというと日本酒と焼酎とビール類”だけ”で、洋酒なんてのはオマケという扱いを、いくつかのブログ管理サイトで思い知らされたので)こんなに増えるとは思いもよりませんでした。
 内容が多いのでコメントしづらいかも知れませんが(自分で言ってたら世話ないかな?)、時に”分かっているという前提”で書いている内容もあります。「○○ってどういうこと?」「レシピの△△ってどんなお酒?」というような簡単な内容でも書いてくださると、こちらも書きやすくなったり、確認調査してみたら意外な事実を発見したこともあったので、とても刺激になります。頭ページの「用語編」も、コメントをヒントに作ったものですし、現在工事中の「検索室」も同様です。
 カクテル・ブックや、バーのHPなどでも”分かっているという前提”の記載などがあって、でも、どこに質問したらいいのか分からない。私も初心者の頃にそんな体験をしていますので、ご遠慮なくどうぞ(掲示板もよろしければどうぞ)。


 そして、”酒倉庫”のお店。まさに”倉庫”か”展覧会”としか言いようのない品揃えを誇るあのお店に通ってから、自分がいかにお酒の種類を把握して”いないか”を思い知らされましたね。普通の量販店にはもう入れない・・・って、定番ものは量販店の特売セールで買っちゃいますが(苦笑)。もしかしたら、お店の名前を出していいかも知れないし、ダメかも知れないけど、”酒倉庫のお店”と書いていきます。


 もちろん、このような機会を与えてくださったFC2ブログさん。
 実は行きつけの飲み屋で、自作のカクテル・レシピ集(借り物の写真と解説付き)を持ち込んで作らせていたことがあったのですが、「本とか出してるの?」って聞かれたことがありまして。自費出版だと、お金がかかる割りに部数が出せず、広告もままならないままにすぐに撤退という「自己満足だけの浪費」でしかないので関与したくなかったですし、何よりもカクテルとなると種類が豊富なうえ、写真も必要で、酒を揃えるのも大変で、”ゆとり”がないと不可能。かといって、HPだとページの構成だとか、デザインとかが大変で(一応、HTMLは書けるけど、JavaScriptはちょっと怪しい)、「まあ、そのうち・・・」と敬遠気味。
 気楽に書けるブログでなければ、きっと未だにマトモなものは書いていなかったでしょうね。おかげで、今まで知らなかったこと新たに知ることができたり、思い込んでいたことが実は間違っていたりして、お酒の会話でも今までより深く話が出来るようになったりと、”楽しみ”が増えました。改めて、感謝いたします。


 -  ☆  -  ★  -  ☆  -  ★  -


 もう少し短めにまとめるつもりだったのですが、やはり長くなっちゃいましたね。それどころか、これを書いている最中にも書きたいことが2つ3つ出てきて、思わず書いては削除したりして。ネタは尽きないです。データベースもまだバランスが悪いですし、とっくに狙い目に入れたはずなのに飲んでいないお酒がまだ20種類近く残っています。
 本当に「良い”趣味”が出来たな」と実感しております。

 2007年度もよろしくお願い致します。



←ブログランキングです。ご協力お願いします。




スポンサーサイト

ブログルポから来ました。

すごくうんちくがあるブログで感動しました。
既に栗色の息吹は酔ってのブログサーフィンだったんで、改めて来年にゆっくり読ましていただきます。
当然ブックマークさせていただきました。
よろしければリンクも貼らして欲しいです。

ただ上質なバーでの会話を楽しんでいるかのようなブログで、素晴らしいということだけ伝えたくてコメントさせてもらいました。

今後もがんばって更新を続けてください。
非常に期待しております。

酔ってのコメントごめんなさい。
2006.12.31 18:00 | URL | 栗色の息吹 #OARS9n6I [edit]
 今年の最終日に新たなお客さんを迎えることができて、とても嬉しいです。

 後日改めてということになるのでしょうが、今までの記事を読んでいただいた時に分かると思いますが、私は質を高くしても敷居を高くする気はありません(でも、時々マニアックになりますけど)。こういう世界もあるんだなと、思ってもらえて、同じような趣味を持つ者同士の交友を図ることができれば幸いに思います。
 今後ともよろしくお願いします。
2006.12.31 20:56 | URL | 倖成 #iqhSIKS2 [edit]
あー、そういや一年の反省はやったけど、感謝の気持ちが忘れていたなと気恥ずかしい思いの銀郎です。

なんかもう名前が出てるだけで恥ずかしいものがありますよ。しかも書かれてる評価がズバリなのでニヤリと笑ってしまうようなところもあって。
僕からすると、倖成さんの丁寧な記述をいつも参考にさせていただいているという感覚なので、僕のコメントは‘重箱の隅つつき’のような気さえしています。

ともあれ、今年もひとつ、よろしくお願いいたします。
2007.01.01 22:21 | URL | 神保銀郎 #tpujIlOc [edit]
総括、読ませていただきました。
私なんかのことを紹介いただいてホント恐縮です。
こうやってきっちり振り返り来年の抱負を書かれているところを見てさすがだなと感心させられました。

ジンのテイスティングに関して私も同じ様な経験をしました。
私もゴードンやビーフィーターはカクテルの材料としかみていなかったためストレートで飲んだときとカクテルで使ったときは(-""-;)ムム・・・
と言う感じで奥が深いなと感じさせられました。

やっているうちにまた色々見えてくると思いますがそれをBlogに書きつづれるようになればいいなと思います。

本年も変わらぬご愛顧よろしくお願いします。
2007.01.01 23:55 | URL | まっぴ~ #lavUoL4U [edit]
 開けましておめでとうございます。

 感謝の気持ちというのが、これがまた不思議なものです。もともと「心から感謝を述べたいと思います」っていう言い回しが、空虚な感じがして大嫌いだったのです。が、例えば酒屋さんにいって瓶を眺めていると「あれも知ってる。これは確か○○に載っていたなあ。え、これって何!?」と言った具合に、やたらと興味が引かれるんですね。値段なんて別にして。
 どうしてそうなるのかと思い返していくと、ブログで書くうちに調べたこととか、コメントで指摘を受けたことが基本になっていたりする。ブログがなかったら知らないままだったとか、勘違いしたままだったとか、こんな安いものはどうせ大したもんじゃないだろうとか、逆に高すぎるものはどうせ手が出せないから無視しちゃおうとか。視野の狭いまま。
 会話で如実に現れますね、近頃ではお酒について知っていることを教えたり(自慢したり)、教えて貰ったりすることが、以前に比べて深く広くなっているような気がして、弾みのあるやりとりになっているような気がします。
 それらを考えると、自分だけでこうなったわけじゃなくて、「ああ、感謝の気持ちってこういうことなんだ。ありがたいなあ」って思えるようになってきました。

 ところで、神保さんにはもうひとつ感謝。

 Martini 【マティーニ】の回で、「ジュネバに変えたのはないですね」とコメントを頂きましたが・・・先日、「Noord 【ノールズ】ジュネヴァ 20」を試飲する機会に恵まれて、「そういえば、神保さんに『オランダ・ジンは?』とか書かれたな」と思って、飲ませていただきました。
 ロンドン・ジンとは全然違う代物です。年代物のスコッチを思わせる、まろやかな口当たりと味わい、底に潜むジュネヴァ。「これ、ジンだよ」と言われなければ「よくできたブレンデッド・スコッチだな、ん、何か妙な香りもしないか? 何だこれ?」と勘違いしそうなほど。非常に飲みやすく、まさに開眼の一品だったのですが・・・後で驚いたのが、1本8000円!? ジンで!? あ、あぶな~っ、知らなかったら無視してたかも知れないよ、これ。二度とないかも知れないよ、こんな機会(バーに行ったら、値段だけで敬遠しそう。市販価格が8000円ってことは、ショット1杯で・・・う、うわっ・・・)。
 というわけで、貴重な体験を逃さずに済んだことを感謝します(って、神保さんは嬉しくないでしょうけど(汗))。
2007.01.02 10:39 | URL | 倖成 #iqhSIKS2 [edit]
 開けましておめでとうございます。

 昨年を振り返る、という作業は、実はすごく苦手だったりします。かなり変動した人生を送っているせいか(?)、振り返ってもムダな感じがしちゃって。1年前と2年前と3年前、5年前っていうと、仕事でも全然違うことをしていて、来年どころか1ヶ月先もどうなっているか不安なのに過去はどうにもならない・・・まあ、そんなことはどうでもいいんですけど。
 背景を変えたのが原因で、改行パターンや太字の幅が変わってしまい、今までの記事を修正していたら、思い出されることも多くて(カクテルの名前を色分けしてたなんて、すっかり忘れてますし、第8回の謎の人物も再び出る機会がなくなったみたいですし)、何となく「1年を振り返る」みたいな思いにとらわれて、書いてみました。
 でも、結構いいものですね、反省点も浮き彫りになりますし、自分の変化も面白くて。ただ、1年に1度しかやりたくないですけど(苦笑)。

 テイスティングは、私見と嗜好が如実に表れてしまいますね。「香り豊か」と「匂いがキツい」、「まろやかな味わい」と「個性がない」、「非常に個性的」と「主張が強すぎる、クドい」、「骨太」と「飲みづらい」というように、背中合わせの部分があるので、私が「これまでで一番旨い」と思っても、飲んだ人によっては「これまでで一番マズい」と思うこともあるだろうなあ・・・と考えると、他の人の結果も見てみたい衝動に(ワクワク)。

 余談ですけど、一緒に育てていた(?)楽丸さんのブログが停止しちゃってるのがちょいと寂しい。カクテル・ブックでも買っちゃたかな? あれって最初、怯みませんでした? 「種類多すぎ、酒の名前が分からん、覚えきれん」って感じで(実体験)。でも、「カクテルっていいかも」って思ってもらえたようで、それはそれで嬉しいので、いつか戻ってくることを信じて待ちましょうか。
2007.01.02 11:14 | URL | 倖成 #iqhSIKS2 [edit]
ブログ全部読ましてもらいました。

洋酒に関する貪欲なまでの追求心と情熱に溢れたブログですね。
またコメントされている方たちの知識やお酒に対する愛情のようなものがひしひしと伝わってきて、ホントにすばらしいブログだと思います。
近いうちに、今の訪問者の10倍は人が集まるブログとなるでしょう。
(人を集めることとすばらしいブログとはまたニュアンスが違うと思いますが、すばらしいブログにはやはり勝手に人が集まってくると思います)

栗色の息吹は、バーでお酒を覚えました。
そして、バーのマスターとの会話でお酒の楽しみ方を教えてもらいました。
それをブログ上で教えていただけることに感動してます。

がんばってくださいね。
応援してます。

こういうすばらしいブログを読ましてもらうと、
自分の雑文系たわごとブログが恥ずかしくなります。(^^;)
2007.01.06 15:26 | URL | 栗色の息吹 #OARS9n6I [edit]
 バーでの会話は、本当に貴重です。本に書いていないことがいっぱい出てきますね。経験値の積みあがった状態からのお話なので、例えばジンひとつとっても、いろんな経験をされているから、いろんな体験談は面白くもあり、勉強にもなり、反省点(実は勝手な思い込みをしてた、などの反省)にもなりますね。

 今年もさっそく、挑戦開始です。
2007.01.07 14:27 | URL | 倖成 #iqhSIKS2 [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://ktka.blog56.fc2.com/tb.php/167-b48b3653

プロフィール

倖成卓志

Author:倖成卓志
 いざ、霊薬【エリクシル】を求めて・・・

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。