スポンサーサイト

Posted by 倖成卓志 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寒中に嗜む酒(4)

Posted by 倖成卓志 on 12.2007 特集 0 comments 0 trackback
 今回は、ネタとなるお酒を購入していないので、文章だけの紹介です。

 ホット・ワインというものがあります。もっともこれは和製英語で、ドイツ語で Glühwein 【グリューヴァイン】と呼ばれるものです(ちなみに英語ではMulled wine 【マルド・ワイン】といいます)。


 これは手鍋などに赤ワインと、シナモンやクローブなどのスパイスを混ぜ、温めて頂く飲み物です。
 グリューヴァイン用(ホット・ワイン用)と銘打った、スパイスを詰めたティー・バッグもどきも販売されています。もちろん、使う赤ワインは安物で結構です。


 お勧めは、DR.DEMUTH 【ドクター・ディムース】社のグリューヴァイン。
 普通の、ブドウを使った赤ワインではありません。
 昨年まではブルーベリーのグリューヴァインが主流でしたが、今年はキルシュ(さくらんぼ)のグリューヴァインが入ってきています。
 このままでも美味しいですが、グリューヴァインですので手鍋で温めるか、マグカップに入れてレンジでチン! すれば飲める代物です。
 ジュースを温めて飲むという習慣はあまりありませんが、暖かい果実の飲み物というのも、なかなかいけます。値段は1000円前後ですので、気軽に買えるのも良い点だったりします。

 ネットでも販売されていますし、量販チェーン店では成城石井さんで見かけたので、一度飲んでみてはいかがでしょうか?

スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://ktka.blog56.fc2.com/tb.php/171-e2e61e4f

プロフィール

倖成卓志

Author:倖成卓志
 いざ、霊薬【エリクシル】を求めて・・・

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。