スポンサーサイト

Posted by 倖成卓志 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Wine - 第1回 闘牛

Posted by 倖成卓志 on 26.2006 魅惑のワイン 0 comments 0 trackback
 スペインといえば「フラメンコ」と「闘牛」。Matador 【マタドール】 と呼ばれる闘牛士と闘牛とが Arena 【アレーナ(闘牛場)】 で戦う様は、実際に見たことがなくとも、TVなどでご存知でしょう・・・などと偉そうなことを書いていますが、私も実際には見たことがありません。見たことがある人によると、闘牛士たち(実際に赤い布をヒラヒラさせているマタドールだけでなく、モリや槍を打ち込む役割の人たちもいるらしいので)を格好良いと見るか、痛めつけられる牛が可愛そうとみるか、それによって印象が変わるそうで。
 闘牛自体の歴史は古代ギリシャ・ローマ時代にまでさかのぼる。8世紀初頭にアフリカ北西部に居を構えていたムーア人たちがスペインに侵入した際にヨーロッパへ伝えたとか。スペインの闘牛はいつも行われているというわけではなく、春の復活祭から11月までの毎日曜日。
 「スペインの闘牛」? スペイン以外でも闘牛って行われているの?
実際、スペインの闘牛のイメージでポルトガルの闘牛を見ると違和感を覚えるとか。ポルトガルでは牛を殺さないらしいのです。


サングレ・デ・トロ

Sangre de Toro 【サングレ・デ・トロ】


 スペインの Torres 【トーレス】 社の赤ワインです。
 名前の意味は「闘牛の血」。その名の通り、濃厚で力強いワインです。ただし、悪く言えば、繊細さのカケラもない実に大雑把な味。初心者向け。目印は、ボトルヘッドの所に付いている黒い牛のフィギュア。
 ワインは気取って飲むもの、優雅に飲むもの、たくさんの知識が必要だ、などというクダラナイ偏見を持っているために、ワインを一度も口にしたことがない人。あるいは、ただ単にポリフェノールが豊富で健康に良いからなどというツマラナイ理由で渋々飲んでいる人。あるいは知ったかぶりで飲んでいるけど、本当はいまだにワインの味が分からないんだけど、それを言うのが恥ずかしいなぁ、と思っている人。そんな人たちに一度飲んでもらいたい一品。
 良い点は、安くて、かつ簡単に手に入ること。しかもこの濃厚さは、力強いスペイン料理に実によく合うので、油っこい料理や肉料理をガッツリ食べる人にお勧め。


 ワインも最上を求めるとキリがないのですが、安くて(と言っても安いと感じるかどうかは人それぞれですが)も素晴らしいワインがあって、一方で名前は知られているのにクダラナイワインもたくさんある。とりあえず今回は赤ワインの初歩の初歩。というわけで、次回は白ワインの初歩の初歩で。
 と言いつつ、第3回目でいきなりレベルアップしてしまう可能性もある・・・。


←ブログランキングです。ご協力お願いします。


スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://ktka.blog56.fc2.com/tb.php/18-1c81a8e7

プロフィール

倖成卓志

Author:倖成卓志
 いざ、霊薬【エリクシル】を求めて・・・

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。