スポンサーサイト

Posted by 倖成卓志 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Spirits - その10 我、宝物庫ヲ守ル者ナリ

Posted by 倖成卓志 on 10.2007 雄渾のスピリッツ 6 comments 0 trackback
Beefeater CrownJewel


BEEFEATER CROWN JEWEL
 【ビーフィーター・クラウン・ジュエル】



 
 ジンの最大手、BEEFEATER 【ビーフィーター】のプレミアム品です。一流のバーの冷凍庫には、メニューには載せていなくとも、必ず1本は潜ませていると言われており、”一流の密かな楽しみ”をもたらすジンです。

 名前の由来は、英国王室の宝物を意味する「Crown Jewels」から。宝物であると同時に、衛兵たちが宝物を守るように秘伝のレシピを守っているという意味も込めているようです(通常のビーフィーター・ジンと同じですね)。

 元々は免税店向けの限定発売品で、一般で入手するには空港の免税店に赴くしかなかったという一品。2005年に紫色の瓶で再登場しました。これに伴い、一般でも購入が容易になりました。


Beefeater CrownJewel(mark)



 CROWNの”O”の上にいる鳥は、Raven 【ワタリガラス】 です。

 ロンドン塔で飼われている鳥です。
 1666年にロンドンで起きた大火災の際に、焼死者の死肉を求めて集まり、すさまじい勢いで繁殖したという不気味なエピソードがあります。ロンドン塔にもワタリガラスの群れが飛び交っていたのに嫌気の差した当時の国王・チャールズ2世が駆除の命令を下そうとしたところ、占い師が現れてこう言ったそうです。
「カラスがいなくなるとき、ロンドン塔は崩れ落ち、大英帝国は滅亡する」
 これに慌てた国王は命令を下すのを止め、塔でワタリガラスを飼うようにしたといいます。ワタリガラスの世話は、衛兵たちの中でも特に「Raven Master」と呼ばれる人たちによって行われているようです。


 一説では、「円卓の騎士」で知られる「アーサー王伝説」において、魔法をかけられたアーサー王がカラスに変身させられたことから、カラスを傷つけたりすることはすなわち、アーサー王に傷を負わせることと同じ意味と捉えられています。つまり、それは不敬であり、そのような禁忌を犯す者には不吉なことが起こるとされています。
 これもまた、イギリス人たちがカラスを大事にする理由のひとつです。


 -  ☆  -  ★  -  ☆  -  ★  -


 ジンとしての、クラウン・ジュエルの味わいはといえば、

 通常品が、シトラス・フレーヴァー(というよりオレンジが強く感じられたのですが)が「これでもか」と強調されすぎているのに対し、クラウン・ジュエルのそれはやや柔らかく、ジンが苦手な方でも羽毛のようなフワリと軽やかな味わいのジンというもの楽しめるかと思います。
 ボンベイ・サファイア派には少々不満が残りそうですね、複雑に絡み合った味わいという感じではないので。ただ、ビーフィーター派の方は、一度は味わうべきですね、ビーフィーターの目指している深みがここにあるという感じがします。決して「飲みやすいだけのジン」を作ったわけではないというのが分かるような気がします。爽やかで上品、それが主張されている。


 -  ☆  -  ★  -  ☆  -  ★  -


 ビーフィーターそのものには「飽きた」という感じがしていた私には、「主流たるゆえん」を感じさせてくれるものでしたね、ただ漫然と「定番」の座に居座っているわけではないぞと訴えてくるみたいで。

 ちょっと気になったのが、瓶の裏の部分に書いてある単語。
 Gwyllum
 Hardey
 Hugine
 Munin
 Bran
 Thox
 の6つ。
 ロンドン塔とカラスの関係を調べたときには「塔ではある程度のカラスが飼われている」と書いてあるのに対し、瓶の裏の説明書きでは「LEGEND HAS IT THAT SIX RAVENS MUST REMAIN WITHIN THE TOWER OF LONDON ~」とあるのでもしかたらこの6個の単語は、伝説上では6羽のワタリガラスとなっていて、それらに付けられている名前なのかも知れません。詳しくは分かりませんが。

 マティーニも作りましたが、「上品なビーフィーター・マティーニ」という感じだった、という報告だけにとどめましょう。「ビーフィーターが好き」という方は、少々値が張ってもこれをバーで注文してみるのもいいかも(買ってもいいけど、値段が通常品の2倍近いのでびっくりするかも)。

 さて、すでに「湧き水のジン」も飲んで、空けてしまいましたが、そちらの報告もそのうちに。



←ブログランキングです。ご協力お願いします。



↓ にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村 酒ブログへ

「ブログ・ルポ」評価ボタン(どれか押してもらえると嬉しいです)





スポンサーサイト

今回は「クラウンジュエル」ですか!
ビーフィーターの度数が高いプレミアムジンとしか知らなかったので、とても参考になりました(^^)
カラスのことなど、毎回ながらよく調べてらっしゃるなぁと頭が下がりますf(^^);
2007.03.11 21:04 | URL | nao. #- [edit]
う~ん、僕はビーフィーターにシトラスが強いという感覚が分からないので、クラウンジュエルについても感想が違うのかもしれませんねぇ。
風味は強くないけど、腰が強い、とでも言うような感覚が僕のクラウンジュエルに対する記憶です。

惜しむらくはリキュールの用意が足らなかったことで、マティーニだけじゃなしにアラスカやホワイトレディーのようなカクテルを試せなかったこと。
タンカレーのようなすっきりしたジンより、「小生、ジンですが何か?」というような控え目な主張をしたジンの方が、こうしたカクテルは活きてくるような気がするので。

それと隠し玉ってことですが・・・僕の経験だとクラウンジュエルよりタンカレーNo.10の方が秘蔵っ子だったりしますね。
そもそも冷蔵庫にジンをしまってる店ってのがあんまり・・・。
こんなんだからクラウンジュエルとは出会えないんですかね?(苦笑)
2007.03.12 20:29 | URL | 神保銀郎 #tpujIlOc [edit]
 酒のラベルに描かれている絵や印章などには、たいてい何らかの意味が込められています。この瓶を見たときに「何だ、この鳥は?」と思って調べてみたら、やはり深い意味がありましたね。

 お酒を、特に諸外国のものを飲む楽しみのひとつに、その国の文化の一端を知ることで、新しい感性や知識に触れていく、というのもあるように思えます。「そんな意味があったのか」「そういう考え方もあるんだなあ」と分かると、調べるのに苦労したその分だけ、むしろ良かった楽しかったと思えてくるのが不思議です。
2007.03.13 20:26 | URL | 倖成 #iqhSIKS2 [edit]
 実は下書きの時点で、3種類のジンを日々交代させながら飲んでました。植物の根や草を感じさせる他のものに比べると、クラウン・ジュエルのそれは柑橘類を軽くかじりながら飲んでいるような気にさせられました。単独では、通常品ほどにはフレーヴァーを感じさせないんですけどね。

 何十、何百もの店を調査をしたわけじゃないんですけど、タンカレーNo.10は「うちでも飲めます」というところをそれなりに見つけたのですが、クラウン・ジュエルを置いてあると明示している店があまり見つからないのは何故なんでしょう。安定した数量の入荷が見込めないのか、入手困難で幻の一品だった頃の名残なのか・・・ちょっと謎です(答えになってませんが)。
2007.03.13 20:58 | URL | 倖成 #iqhSIKS2 [edit]
ついに出てきましたね。
「CROWN JEWEL」
以前私のHPでも紹介しましたがさすがに詳しく書かれてますね。
脱帽。
私の解説はいったい何だったんだろうと思います(泣)

オールドボトルのCROWN JEWEL は以前飲んだ事がありますが味は忘れてしまいました。
貴重だったんですね~(泣)
オールドボトルは今のデザインと全く違いますよね。
透明な瓶に白地の丸いラベルに青い文字でネーミング だったような気がします。

今日はCROWN JEWEL で一杯やりますかね♪
2007.03.15 22:01 | URL | まっぴ~ #lavUoL4U [edit]
 データに関しては、調べまくって使えそうなのを探すのが楽しいのです。使えない情報ばっかりのときもありますけど(苦笑)。

 味わいはやはり上品で爽やかですね。素朴な娘さんというよりは、華やかに着飾ったご令嬢という感じで。

 ボトルはいつの間にか変わっているケースが多いですね。近頃はゴードン・ジン、ノイリー・プラット(スウィート・ヴェルモット)など。
 ウィスキーも蒸留所のオーナーが変わると、ボトルも味も変わってしまう場合が多いみたいです。旧ボトルファンが多いのも、昔の味を求めてのことでしょうね。
2007.03.18 14:18 | URL | 倖成 #iqhSIKS2 [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://ktka.blog56.fc2.com/tb.php/182-a84fd81d

プロフィール

倖成卓志

Author:倖成卓志
 いざ、霊薬【エリクシル】を求めて・・・

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。