スポンサーサイト

Posted by 倖成卓志 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Spirits - その12 十九人組物語 (Histoire des Dix-neuf)

Posted by 倖成卓志 on 08.2007 雄渾のスピリッツ 2 comments 0 trackback
Citadelle


Citadell
【シタデール】



Citadelle(label)


 フランスのジンです。コニャックメーカーである、ガブリエル&アンドリューが1999年にリリースしたプレミアム・ジンです。
 度数は44度。 

 Citadelleとは、フランスで最も古い蒸留所の名前です。450年もの前のレシピを再現し、ハーブなどを19種類も混ぜ込んで蒸留しています。
 その蒸留も、連続式蒸留を4回も繰り返しているため、雑味のない仕上がりになっています。

 使われている材料は、瓶の下の方にある青色の帯に、絵と共にかかれています。

Citadelle(band)


 小さすぎて写りません(悲)。あああ、カメラの性能の悪さがこんなところで災いするとは。何が書いてあるかと言うと・・・


 Violet Root (France) 【スミレの根(フランス)】
 Paradise Grain (Africa) 【グレイン・オブ・パラダイス(アフリカ)】
 Orange Peel (Mexico) 【オレンジ果皮(メキシコ)】
 Cardamon (India) 【カルダモン(インド)】
 Anise (France) 【アニス(フランス)】
 Cubeb (Java) 【クベバ・ベリー(ジャワ)】
 Coriander (Morocco) 【コリアンダー(モロッコ)】
 Lemon Peel (Morocco) 【レモン果皮(モロッコ)】
 Cassis (Mediterranean) 【カシス(地中海)】
 Licorice (China) 【リコリス(中国)】
 Savory (France) 【セイヴォリー(フランス)】
 Nutmeg (India) 【ナツメグ(インド)】
 Angelica (Saxe) 【アンジェリカ(ザクセン)】
 Cumin (Holland) 【クミン(オランダ)】
 Cinnamon (Sri Lanka) 【シナモン(スリ・ランカ】
 Almond (Spain) 【アーモンド(スペイン)】
 Iris Root (Italy) 【オリスの根(イタリア)】
 Juniper (France) 【ジュネヴァ・ベリー(フランス)】
 Fennel (Mediterranean) 【フェンネル(地中海)】



 -  ☆  -  ★  -  ☆  -  ★  -


 雰囲気としては、BOMBAY SAPPHIRE 【ボンベイ・サファイア】に似ています。

 使われている材料は、ボンベイ・サファイアが10種類、シタデールが19種類。
 レシピは、ボンベイ・サファイアが1761年以来のもので、シタデールが1550年頃のもの。


 かと言って、ボンベイ・サファイアがシタデールに劣るかといえば、そうでもない。
 ボンベイ・サファイアが「青い珠玉」サファイアの輝きを10種類の薬草たちが協力して作り出しているのに対し、シタデールのそれはややクセっ気が強く、まとまりはあるものの少し刺々しい感じがあるのは否めません。
 ボンベイ派以外の方にはちょっと「ドギつい」と感じられるかも知れません、が、ボンベイ派の方は少々の散財(といっても精々+1000円弱程度ですが)を覚悟しても味わってもらいたい一品です。

 グラスへ注ぐだけで、香りは辺りに広がって行きます。薬草系リキュールほど激しくはないけれど、ジンとしてははっきりとしすぎているぐらいに主張がある。
 なるほど、フランス人の手にかかるとジンはこうなるのか、と思わされます。(フランス・ワインへの誘いだったりもします(笑))


 ジン・マティーニは除外。
 ヴェルモットの香りとうまく調和できずにぶつかってしまう感じ。
 ストレートが一番良い。
 派手だけれども軽薄ではなく、確固たるプライドがあって主張がしっかりしているフランス人みたく(フランスのジンだけに・・・って、オヤジギャグか。と、一人ツッコミを入れて見る)。


 -  ☆  -  ★  -  ☆  -  ★  -


 一度は手に入れて見たかった代物だけに、喜びもひとしおです。
 瓶がズシッと重い。瓶には他に船や方位磁針が描かれていて、他に白い文字で何やら書きなぐってあるのですが、うまく読み取れません。瓶にまで芸術性を感じさせてくれるのはさすがです。

 来週はちょいとお休み。ジンの消費量が激しいなあ、と思う。でもまだ試したいジンは4種類もある。いや、それよりもカクテル作りを忘れているような気もする。春・・・春に見合ったカクテル。いかん、余計なネタを増やしてしまった(苦笑)。



←ブログランキングです。ご協力お願いします。



↓ にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村 酒ブログへ

「ブログ・ルポ」評価ボタン(どれか押してもらえると嬉しいです)


スポンサーサイト

ちょっと知らないジンだったので、『ほほーー』って感じで、読まさせて頂きました(^^)相変わらず、わかりやすい解説ですねー♪
春に見合ったカクテル、楽しみにしています(^^)/
2007.04.11 07:20 | URL | nao. #- [edit]
 名酒辞典や洋酒辞典などに載っているかもしれませんが(実はこの手の本を持っていない)、普通の酒屋さんではあまり見かけないですね。何かの本でふと目に止まって、たまたま例の酒倉庫の店で見つけたので即座に買い。
 ジンだけでも欲しいものが、まだ4~5種類はあります。酒の種類ってすごく豊富で、世界は広いと感じさせられます。

 春のカクテル・・・何となく書いちゃったんですけど・・・うーん、考えていきます。
2007.04.15 21:34 | URL | 倖成 #iqhSIKS2 [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://ktka.blog56.fc2.com/tb.php/183-8dc7ab28

プロフィール

倖成卓志

Author:倖成卓志
 いざ、霊薬【エリクシル】を求めて・・・

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。