スポンサーサイト

Posted by 倖成卓志 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Cocktail - 第15回 春に寄せて(To Spring)

Posted by 倖成卓志 on 05.2007 悠久のカクテル 8 comments 0 trackback
 何気に書いたことが発端になる場合があります。
ちょっと前に、「それよりもカクテル作りを忘れているような気もする。春・・・春に見合ったカクテル」などと書いて、気付けばもう春が終わりそう。でもまだ1ヶ月あると思えば遅くないかな。

 というわけで、春にちなんだカクテルをちょっぴり紹介します。


SpringFeeling



Spring - Feeling 【スプリング・フィーリング】

基酒:Gin 【ジン】
技法:シェーク
度数:32度
グラス:カクテル・グラス

レシピ
Gin 【ジン】 2/4
Chartreuse (Vert) 【シャルトリューズ(ヴェール)】 1/4
Lemon - Juice 【レモン・ジュース】 1/4

 「春の雰囲気」という意味です。Chartreuse (Vert) 【シャルトリューズ(ヴェール)】は、クセっ気の強い薬草酒なので、家でというよりはバーで飲むお酒です。そのわりには、爽やかな出来のカクテルで、口当たりもすっきりとするのですが、度数がかなり高いので要注意です。



 -  ☆  -  ★  -  ☆  -  ★  -


Acacia



Acacia 【アカシア】

基酒:Gin 【ジン】
技法:シェーク
度数:42度
グラス:カクテル・グラス

レシピ
Gin 【ジン】 2/3
Benedictine 【ベネディクティン】 1/3
Kirschwasser 【キルシュヴァッサー】 2dashes.

 アカシア、というのはネムノキ科アカシア属の常緑樹の総称です。そのため、アカシアの名がついた植物はいくつもあります。ただ花の色はそのほとんどが黄色で、カクテルもそれをイメージした黄色に仕上げています。
 材料がちょいとだけマニアック。やはりバーで飲みたい一品ですね。


 -  ☆  -  ★  -  ☆  -  ★  -


Cherry - Blossom



Cherry - Blossom 【チェリー・ブロッサム】

基酒:Liqueur 【リキュール】
技法:シェーク
度数:28度
グラス:カクテル・グラス

レシピ
Cherry - Brandy 【チェリー・ブランデー】 1/2
Brandy 【ブランデー】 1/2
Orange - Curaçao 【オレンジ・キュラソー】 2dashes.
Syrup de Grenadine 【グレナディン・シロップ】 2dashes.
Lemon - Juice 【レモン・ジュース】 2dashes.

 横浜の老舗カクテル・バー「Paris」(大正12年創業)の初代オーナー兼バーテンダーだった、田尾多三郎氏の作品。名前の割りに非常に濃厚で飲み応えがあるが、副材料が果実味と馥郁たる香りとをかもし出してくれるので、後味は決して悪くない。
 なお、「Paris」は現在も営業中で、横浜市の名所のひとつとなっています。二代目オーナーで、多三郎氏の夫人・田尾幸子さんの「立って呑めなきゃバーじゃないわ」という信念のもと、スタンディング・スタイルのバーとなっているようです。”本物”のチェリー・ブロッサムは、カクテル本のそれとは少し違うらしいので、近くの方や横浜へ足を運んだ方は一度試してみるのもいいかも知れませんね。(場所のヒント:JR関内駅)


 -  ☆  -  ★  -  ☆  -  ★  -


 春のカクテル。ちょっと出遅れ気味でしたが、3つ挙げて見ました。
 特に後者2つは「ちょっと難しいカクテル」なので、”飲める”場所を選ぶかも知れません。
 新しい飲み場所を探したり、新しい酒に挑戦してみたり、新しい飲み方を工夫してみたり、春なので、ちょっと新しい冒険もいかがかと。



←ブログランキングです。ご協力お願いします。



↓ にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村 酒ブログへ

「ブログ・ルポ」評価ボタン(どれか押してもらえると嬉しいです)




スポンサーサイト

こんにちわ~
すっかり春ですね~
と言うか夏まっしぐらという感じですが(^▽^;)

一番上の「スプリング・フィーリング」は美味しそうですね~
シャトリューズ…
以前なんかのカクテルでも使っ手いる物を見つけましたが
シャトリューズって高いばかりか置いてるところがほとんどないんですよね。
今度買ってみようかな~
緑と黄色がありますがどっちが使う頻度はあるんでしょうかね?
同じかな?

チェリーブロッサムは何とか家である材料で行けそうです。
本物の味は味わえないかも知れませんが雰囲気だけでも楽しもうと思います。

いつも参考になる記事、ありがとうございます。
実践できてないのが玉に傷ですがm(_ _)m
2007.05.08 00:24 | URL | まっぴ~ #lavUoL4U [edit]
待ってました!春カクテル♪Spring - Feelingおいしそーですね(^^)nao.もシャルトリューズを使ったカクテルを先日戴いたばかりです(^^)/(HPにアップしています)
Cherry - BlossomはSea Guardianで戴きましたが、Parisではまだ戴いてませんねf(^^);近くに住んでいるんで、行きたいと思います♪
2007.05.08 07:54 | URL | nao. #- [edit]
早速、遊びにきて下さりありがとうございましたm(__)m
あの、前々から言おうと思っていたのですが、リンク貼っても宜しいでしょうか?宜しくお願いします(^^)
2007.05.09 06:33 | URL | nao. #- [edit]
 シャルトリューズは確かにちょいと高めで、かつ置いてある店があまりないのが難点ですね。置いてあってもどちらか片方だけ、とか。

 黄と緑は・・・正確に数えたことはないですけど、緑の方が多いような気がしますね。Take - Five 【テイク・ファイヴ】 とか、Saint - German 【サン・ジェルマン】Champ - Elysees 【シャンゼリゼ】なんてのはみんな緑です。
 黄色は何と言ってもAlaska 【アラスカ】Yellow - Parrot 【イェロー・パロット】はアプリコット・ブランデーとペルノー、すべて1/3ずつなんですけど、家で作るには材料集めが大変かも。

 以前に一度取り上げたんですけど、リキュールとしての立場が強い記事だったので、カクテルの立場からもう一度書いてみようかな・・・いつになるか分かりませんが。

2007.05.09 20:12 | URL | 倖成 #iqhSIKS2 [edit]
 横浜が近いとは羨ましい。シュウマイでも中華街でもなく、Parisに行きたいという理由で一度は横浜に行ってみたいのであります。
 ちなみに現在のマスターは多三郎氏の息子の奥さんらしいです。扉がすごく重々しくて入りづらそうなのに、一度足を踏み入れるとすごく気さくな雰囲気らしいです。常連さんも、一見さんも、年齢関係なく居心地が良いらしいです・・・全部、「らしいです」ってのがちょいと悲しい・・・はい、全部、聞きかじりです。

 リンクは遠慮なく張っていただいて大丈夫です。こちらからも張らせてもらいます。一緒に酒の世界を堪能できれば喜ばしい限りです。

2007.05.09 20:19 | URL | 倖成 #iqhSIKS2 [edit]
リンクの件、ありがとうございます♪早速、nao.も貼らせていただきます(^^)
色々と勉強させて戴きますので、宜しくお願いしますm(__)m
2007.05.10 07:00 | URL | nao. #- [edit]
昨日、酒屋さんに行ってきてシャトリューズが置いてあるか見てきたらありました!
それも両方。
でも値段見てノックアウトされて帰ってきました。
3680円…
かえね~(泣)

ミニボトルがあったとしても1000円以上しそうで怖いです(笑)
2007.05.14 22:11 | URL | まっぴ~ #lavUoL4U [edit]
 まだ暫定ですが、バック・バー(スピリッツ等のデータベース)と楽天さんが繋がります。とりあえず、シャルトリューズ2種は繋がってるので、購入することもできます。送料別の値段ですが、結構安いですね。

 あとは、ひたすら探しまくる戦法ですね。私の行きつけにしている酒販店は2店で、他に比べて安くて種類が豊富。今まで数十、数百店以上歩きまわって、種類と値段を覚えこんで、「ゴードン・ジンはここが一番安い」「ここは特売だけ安い」「”安い”と銘打っているけど、実は量販店よりも割高」という選定を繰り返して今に至っています。

 ミニボトルはないんじゃないかなあ・・・エリキシル・ヴェジタルというのは出てますけど。
2007.05.17 21:29 | URL | 倖成 #iqhSIKS2 [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://ktka.blog56.fc2.com/tb.php/193-1a562c7f

プロフィール

倖成卓志

Author:倖成卓志
 いざ、霊薬【エリクシル】を求めて・・・

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。