スポンサーサイト

Posted by 倖成卓志 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Cocktail - 第24回 新生リキュール(La Liquore Nuva)(後編)

Posted by 倖成卓志 on 18.2007 悠久のカクテル 2 comments 0 trackback

 それまで好きだったものが、突如として嫌いになってしまうことがあります。

 逆に、それまで毛嫌いしていたものが、愛おしくなることもあります。

 -  ☆  -  ★  -  ☆  -  ★  -


 前編の「Negroni 【ネグローニ】」には、実はこのヴェルモットを使いました。

CARPANO ANTICA FORMULA


CARPANO ANTICA FORMULA
 【カルパノ アンティカ・フォーミュラ】



 製造元はCARPANO 【カルパノ】 社。
 度数は16.5度。
 日本では「幻のヴェルモット」と呼ばれている代物です。

CARPANO ANTICA FORMULA(label)


 「ANTICA FORMULA 【アンティカ・フォーミュラ】」の「antica」とは、英語では「ancient」で、「古来の」という意味。「formula」は伊英同義で、「一定の形式」、「公式」、「規格」という意味です。「昔ながらの形式」とでも訳しましょうか。
 この「ANTICA FORMULA」は、カルパノ社独自のものではなく、他のイタリアン・ヴェルモットでも使用されますが、その条件は、
 「熟成させていること
 つまり、製造されてそのまま販売するのではなく、タンクの中で1~2年ほど寝かせておくのです。その後、瓶詰めされて販売に至るのです。

 そのため、味わいは非常に深いです。

 ちなみに、ヴェルモットはリキュールではありません。ワインです。香り付けをしていることから、「アロマタイズド・ワイン」とか「フレーヴァード・ワイン」と呼ばれるものです(ちなみに普通の、薬草などで香り付けなどを行っていないワインは「スティル・ワイン」)。
 ワインもある程度熟成させると香りや味わいが深くなります。そこに様々な薬草や香草の香り、味、コクが絡み合って、他のスウィート・ヴェルモットにはない重厚さを作り出しています。
 甘みはあっても、甘ったるくなく、苦味はあっても苦すぎず、幾重にも折り重なる層を感じさせる、パワフルなヴェルモットという感じです。


 以前にも幾度か書いたのですが、私はカンパリの持つ苦味との相性があまりよろしくないようです。カンパリ・ソーダにしても、カンパリ・オレンジにしても、ちょっと抵抗あり。
 かろうじて、「オールド・パル」。
 ところが今回、このカルパノ・アンティカ・フォーミュラ。これを使ったネグローニは・・・

 ・・・深くて、旨い!

 複雑に絡み合う、という言葉がピッタリです。ジンであり、カンパリでもあり、ヴェルモットでもありながら、ジンでなく、カンパリでもなく、ヴェルモットでもない飲み物が出来上がってしまいました。
 カンパリ特有の苦味も、ヴェルモットの持つ薬草系の苦味にうまく混じってしまいます。考えてみれば、ジンもいくつかの薬草・香草を浸して蒸留して作られる酒なので、出来上がったネグローニ、一体どれだけの種類の薬草・香草が混ざり合っているのでしょうか。想像するだけで恐ろしいです、いい意味で。

 このネグローニなら、何度でも飲みたくなる。


 -  ☆  -  ★  -  ☆  -  ★  -


 カルパノ社は1786年にトリノで創業されたようです。
 表のラベルに、それを意味するような文字が並んでいることで分かります。ちなみに、瓶はこの中に入っています。

CARPANO ANTICA FORMULA(can)

 なんと、缶です。カルパノはヴェルモットを作って瓶に詰め、どういうわけか、キャンディの缶に入れて持ち帰らせていたようです。


 ちょっと困ったことに、情報の食い違いが出てきてしまいました。
 この缶に描かれている人物の下に書いてある名前、そして表ラベルに書かれている名前は、
CARPANO ANTICA FORMULA(face)

 GIUSEPPE B. CARPANO

 「ジュゼッペ・B・カルパノ」です。
 ところが、カルパノがヴェルモット・メーカー兼バーであったというエピソードが書かれている資料では、創業者は「ANTONIO - CARPANO 【アントニオ・カルパノ】」となっているのです。
 どっちが正しいのでしょうか、というか、アントニオが正しいと思うのですが、それならジュゼッペとは何なのでしょうか?
 よく分かりません。

 ちなみに、缶の表部分に書かれているのは、
 Fedele riproduzione dell'etichetta originale e della bottiglia in vetro soffiato.

 意訳すると、
 「茶色いガラスのボトルと、オリジナルのラベルを忠実に再現しました」
 というような意味になります。ということは、これは復刻版? ますますもって、ジュゼッペとは何者?
 残念ながら、今回の調査はここまでです。


 余談ですが、裏ラベルの情報を書くことができません。
 輸入元業者のラベルが貼られているので、これを何とか剥がしたのですが、きれいに取れなくて文字が読み取りづらい状態になってしまいました。
 ラベルにはあまり大したことは書かれてはいませんが、それでも「今まで一番の品質」とか「最高の酒」というように、自画自賛ながらも『どうしても言いたいこと』が書かれているものです。他に輸入元ラベルを貼る箇所がないとはいえ・・・ちょっともったいない気がするのは私だけでしょうか。


 -  ☆  -  ★  -  ☆  -  ★  -


 「伯爵のカクテル」こと「ネグローニ」は、実は1月の段階で「いずれ書く」と予告していたものです。しかし、どうしてもカルパノ・アンティカ・フォーミュラを入手したかったので、先延ばしになってしまいました。
 それにしても、噂では聞いていたのですが、ここまで存在感が違うのかという驚きでいっぱいです。どこかで、これの置いてあるバーがあれば一度飲んでみる価値ありかも(某松山のバー)にはあるようですね。


 今年、たとえどんなに嫌なことや耐え難いことが多かったとしても、最後の最後でこういう出会いがあっただけでも、幸せを感じずにはいられません。



←ブログランキングです。ご協力お願いします。



↓ にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村 酒ブログへ

「ブログ・ルポ」評価ボタン(どれか押してもらえると嬉しいです)


スポンサーサイト

ふむふむ。うちにも缶は残してあるのですが、確かにGIUSEPPE B. CARPANOとあります。
グーグル先生に聞いてみても同名のワイン屋さんがヒットするだけだったり(関係あるのかもしれませんが。)。
お酒を調べるとなるとイタリア語の勉強もしないといけないのでしょうか。。。楽しいですけどね。

終売と言われているこのボトル。ここだけの話ですが、酒屋筋の情報によりますとあんがい手に入るらしいのです。
しかも、終売になってないんじゃないでしょうか?という人までいます。さらに復刻というか再販になったのかもしれませんね。
味が変わっていないのであればこんなに美味しいヴェルモットは中々ないですから喜ばしいことですよね。
2008.04.28 02:23 | URL | filth #- [edit]
 久々に松山’s アブサン・マニア・バーテンダーさんのご来訪です(分かんない人は、URLか、リンクの「きピがい万歳アタック」をクリック!)。

 フランス・ワインのエチケット(ラベル)も、葡萄品種と地名のフランス語を知っているだけで、味や生産地など、ヒントを掴みやすくなり、とっかかりやすくなります。ジンのラベルならば英語でしょうか、薬草(ジュネヴァ、リコリスなど)の名前が分かると「Citadell 【シタデール】(http://ktka.blog56.fc2.com/blog-entry-63.html#Citadell)」(これはフランスのジンですが)も、「あ、これも、これも入ってるのか」って分かるという、それが面白い。そういう意味では、語学というのは、興味のある分野から入っていくと、面白いほど吸収されていくのではないかと思いますね。イタリア語しかり、スペイン語しかり。

 私の行きつけのお店でも、完売して3ヶ月ほど経つと再び入荷されていますね。想像ですが、一度は終売になったものの、消費者か、あるいはカルパノの継承者の意思で復刻したのではないかと。これを最初に飲んだとき、人に勧めたくなるような不思議な気持ちになりました。反則承知でバーテンダーさんとこに持ち込んで、「これ、飲んでみてよ。飲んどかないと後悔するよ」って。
 すっかり飲み干しました。あれば、常用にしたいベルモットであります。
2008.04.29 18:55 | URL | 倖成 #iqhSIKS2 [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://ktka.blog56.fc2.com/tb.php/221-fb6fdcee

プロフィール

倖成卓志

Author:倖成卓志
 いざ、霊薬【エリクシル】を求めて・・・

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。