スポンサーサイト

Posted by 倖成卓志 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寒中に嗜む酒(9)

Posted by 倖成卓志 on 23.2008 特集 4 comments 0 trackback

 まったくの予定外の(9)です。

 前回の(8)で、見事に玉砕した「ホット・ビール」を、図に乗ってさらに試してみました。
 使ったのはこちら。

making-HotBeer-7

  -    Ψ    -    Φ    -    Ψ    - 



 ひとつは、『よなよなエール』。以前(Beer - その6 夏へのビア(The Beer into Summer)(番外編) )に、nao.さんの勧めで飲んでいるエールです。近くのコンビニで扱っているため、1週間に1回は飲んでいるという定期便です。


 もうひとつは、KIRINの『STOUT』。
 スタウト、というのは、実は固有名詞です。エールの黒ビールのことです。「STOUT」の直接の意味は「強い」で、他のエールよりも度数が高く、濃厚であることを表現した言葉です。
 基本的に、エールとは上面発酵のビールであるのに対し、ラガーは下面発酵のビールを指します。ただし日本でのスタウトの定義は曖昧で、イギリスやアイルランドのスタウトは上面発酵ですが、KIRINのスタウトは下面発酵です。


 前者は好きなエールなので選択。後者はキリンビールさんの『スプリングバレー』で実際にホットビールとして出している代物ということで、このふたつで試してみました。


  -    Ψ    -    Φ    -    Ψ    - 



 作り方は一緒。ただ、瓶でなく缶なので、カップに移して保温してみました。


 まずは、よなよなエールから。
 思い切り泡立っています。大丈夫なのでしょうか・・・。
making-HotBeer-8

 15分後。泡はすっかり消えてしまいました。見た目、お茶です。

making-HotBeer-9


 感想:
 うーむ、そのまんま。前回のビンタンでは、潜んでいた麦の香りが思い切り前面に出てきたので同じようなことが起きないかと期待していたのですが、結果は「アルコール分の抜けたエール」。際立った変化なし。味が壊れなかったのは幸いという、それだけの成果に終わりました。ちょっと残念。


  -    Ψ    -    Φ    -    Ψ    - 



 こんどは、キリンのスタウト。
 やはり少し泡立ちます。

making-HotBeer-10

 15分後。こちらはもう少し早く、泡は消えてしまいました。見た目、コーヒーみたい。

making-HotBeer-11



 感想:
 コーヒーじゃない(当たり前だ!)。
 表現するのが難しいのですが・・・アルコールは抜けて、麦茶みたいになったのは前回のビンタンと同じ。ただ、普通の麦茶とはちょっと違う、コクのある西洋風麦茶(?)(ビールは本来洋酒なので西洋風なのは当たり前ですが)・・・以前に黒豆コーヒーとか黒豆ココアというのがありましたが、これは黒麦コーヒーなのかも知れない。お餅よりもケーキに合いそうな感じ。

 キリンさんでは『最初はビールだけ、次にシナモンスティックで混ぜて飲む。最後に角砂糖を入れて3種類の味が楽しめる。』とのことです。シナモンスティックがないので、シナモンパウダーを少々、そして砂糖も少々。
 ・・・

 ・・・旨い!

 ホット・ショコラとか、ホット・カフェ・オ・レとか、ホット・ラテとか、ホット・シナモン・ティーとか、カフェで出てくる飲み物の1ヴァージョンといった感じです。
 シフォン・ケーキとかパン・ケーキのような素朴なおやつと相性が良さそうな雰囲気です。

 欠点を挙げるとすれば、やはりアルコールが抜けて、もはやビールじゃなくなっていることでしょうか。ちょっと不思議なノン・アルコール・ドリンクとしてならいけそう。本家の『スプリングバレー』ではどうなのでしょうね。「飲んだよ」という人に聞いてみたいものです。


 コツとしては、一気に温めないこと。ぬるま湯で。火は止めるか弱火程度で、ゆっくりと温めてあげる。
 あとは、味も少々抜けてしまっているので、シナモンと砂糖を忘れずに。シナモンは小さじ1/4程度(スティックなら分量は関係ないですね)、砂糖は小さじ1杯弱しか入れていませんが、十分でした。

 今回のホット・ビールはここでお開き。

 
  -    Ψ    -    Φ    -    Ψ    - 



 それにしても、スタウトのホットビールを始めたのが「キリンビール・横浜工場」内レストラン『スプリングバレー』ですか。
 横浜というと、毎年のように新作カクテルや優良なバーテンダーさんが続出する土地というイメージはあったのですが、もしかしたらチャレンジャー(挑戦者)が多い土地柄なのでしょうか?



←ブログランキングです。ご協力お願いします。



「ブログ・ルポ」評価ボタン(どれか押してもらえると嬉しいです)
この記事に点数をつける
スポンサーサイト

ホットビールですか!これは初めて聞くものですねー(^^)さすがにバーでは戴けないかな?f(^^);
2008.01.27 02:06 | URL | nao. #- [edit]
おおお、表現上手いw
僕の表現だとマズく感じそうなのに、
倖成さんだとそれでも美味しそうに見える。

僕も今週あたりリベンジを計画してます。
一杯だけ飲むときはシナモンパウダーでも
十分いけるみたいですね。

今度はめんどくさがらずに湯銭でじっくり作ってみることにしますw
2008.01.27 10:11 | URL | shinya #- [edit]
>nao.さん

 珍しい代物ではあります。ベルギー・ビールが居並んでいるバーやレストランなどでは、メニューにあるかも知れません。でも、普通のバーではまずムリでしょう。
 いろんな国があって、いろんな飲み方があるというのは実に面白いことだと、改めて思いました。
2008.01.27 11:38 | URL | 倖成 #iqhSIKS2 [edit]
>shinyaさん

 私は日本酒は飲まないんですけど、以前に「熱燗だからって、ぐらぐら煮えたぎったお湯に徳利を入れる馬鹿者がいる。醸[かも]すように、じっくりと温めてやるのがこつ」という文章を見たのを思い出して、湯煎にしてみました。
 でも正直、ホット専用ビールのGlühkriek 【グリュークリーク】 かスタウト以外では不向きですね。
 飲み方は様々ということでしょうね。
2008.01.27 11:45 | URL | 倖成 #iqhSIKS2 [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://ktka.blog56.fc2.com/tb.php/232-a51ae26f

プロフィール

倖成卓志

Author:倖成卓志
 いざ、霊薬【エリクシル】を求めて・・・

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。