スポンサーサイト

Posted by 倖成卓志 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイトルコール:雄渾のスピリッツ

Posted by 倖成卓志 on 01.2000 データベース 0 comments 0 trackback
雄渾のスピリッツ
▲ タイトルコールのメインへ戻る



Spirits - その18 茶色の服のジン (The Gin in the Brown Suit)

Spirits - その17 度数の問題(A Question of Proof)

Spirits - その16 黒死病の仮面(The Masque of the Black Death)

Spirits - その15 タンカレーの10の顔(The Ten Faces of Tanqueray)

Spirits - その14 永遠の始まり(The Start of Eternity)

Spirits - その13 ブードルズ・クラブ(Boodles Club)

Spirits - その12 十九人組物語 (Histoire des Dix-neuf)

Spirits - その11 第3のジン (Third Gin)

▲ 上へ戻る

▲ タイトルコールのメインへ戻る




Spirits - その18 茶色の服のジン (The Gin in the Brown Suit)
 分類:推理小説
 原題:茶色の服の男(The Man in the Brown Suit)
 著者:アガサ=クリスティ 【Agatha Christie】

 登場スピリッツ&カクテル:
 スピリッツ:BOLS GENEVER 【ボルス イェネーフェル】

 ブログ解説&補足:
 オランダ・ジン。ジンの歴史はここから始まったといえる。ロンドン・ジンしか飲んだことない人は、一口目で驚く。矛盾するようだが、柔らかくて鋭い。







Spirits - その17 度数の問題(A Question of Proof)
 分類:小説
 原題:証拠の問題(A Question of Proof)
 著者:ニコラス=ブレイク 【Nicholas Blake】

 登場スピリッツ&カクテル:
 スピリッツ:LEMON HART DEMERARA 151 【レモン・ハート デメララ 151】

 ブログ解説&補足:
 かつて、世界最高度数を誇った蒸留酒。まともに3杯飲めるものではない。
 ちなみに度数を表すProof 【プルーフ】 には「証拠」という意味がある(解説はこちら)。







Spirits - その16 黒死病の仮面(The Masque of the Black Death)
 分類:恐怖小説
 原題:赤死病の仮面(The Masque of the Red Death)
 著者:エドガー=アラン=ポー 【Edgar Allan Poe】

 登場スピリッツ&カクテル:
 スピリッツ:Black Death GIN 【ブラック・デス・ジン】

 ブログ解説&補足:
 名前とラベルのおどろおどろしさの反面、すっきり爽やか。こういう『遊び』もある。







Spirits - その15 タンカレーの10の顔(The Ten Faces of Tanqueray)
 分類:SF小説
 原題:未来の二つの顔 【The Two Faces of Tomorrow】
 著者:ジェイムズ.P.ホーガン 【James Patrick Hogan】

 登場スピリッツ&カクテル:
 スピリッツ:Tanqueray No.TEN 【タンカレー・ナンバー・テン】

 ブログ解説&補足:
 2000年に登場した、プレミアム・タンカレー。単式の10番蒸留器で作ったのが名前の由来。新しいけど、古いジン。通常品のタンカレーは置いてないのに、こちらは置いてあるという量販店もある。多くのバーテンダーの興味を惹いているジンでもあります。







Spirits - その14 永遠の始まり(The Start of Eternity)
 分類:SF小説
 原題:永遠の終わり(The End of Eternity)
 著者:アイザック=アシモフ 【Isaac Asimov】

 登場スピリッツ&カクテル:
 スピリッツ:BOLS SILVER TOP 【ボルス シルヴァー・トップ】
 カクテル:Baron 【バロン】

 ブログ解説&補足:
 『現存する』最古のジンの蒸留会社ボルス社(現在ではリキュールをメインにしているオランダの会社)が作ったジン。荒くれのやんちゃ坊主。







Spirits - その13 ブードルズ・クラブ(Boodles Club)
 分類:小説
 原題:ファイト・クラブ(Fight Club)
 著者:チャック=パラニューク【Charles Michael "Chuck" Palahniuk】

 登場スピリッツ&カクテル:
 スピリッツ:BOOLDES 【ブードルズ】

 ブログ解説&補足:
 平凡。それ以外にコメントのしようのないジン。







Spirits - その12 十九人組物語 (Histoire des Dix-neuf)
 分類:恋愛小説
 原題:十三人組物語(Histoire des Treize)
 著者:オノレ=ド=バルザック 【Honoré de Balzac】

 登場スピリッツ&カクテル:
 スピリッツ:Citadell 【シタデール】

 ブログ解説&補足:
 フランスのジン。同国のAiguebelle 【エギュベル】 に比べると知名度はやや低いか。香草・薬草が19種類も入っているため、まとまりを持ちながらもクセっ気がある。ネットでなら入手しやすい。






Spirits - その11 第3のジン (Third Gin)
 分類:推理小説
 原題:第3の女(Third Girl)
 著者:アガサ=クリスティ 【Agatha Christie】

 登場スピリッツ&カクテル:
 スピリッツ:Tanqueray 【タンカレー】

 ブログ解説&補足:
 3大ジンのひとつ。流麗、素直。BEEFEATER 【ビーフィーター】 や、GORDON'S 【ゴードン】 に比べてややマイナーの印象だが、根強いファンを持つ。





スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://ktka.blog56.fc2.com/tb.php/257-5fa5b814

プロフィール

倖成卓志

Author:倖成卓志
 いざ、霊薬【エリクシル】を求めて・・・

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。