スポンサーサイト

Posted by 倖成卓志 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エセワイン通が嫌がるワインの飲み方(1)

Posted by 倖成卓志 on 17.2009 言いたい放題 2 comments 0 trackback

 5大シャトーやペトリュスなどの高級ワインを嗜むことこそが「ワインを知る」ということであり、ワイン通を名乗るのならば、これらと日頃から接していなければならない。安価なワインなど問題外である。
 ○か×か?
  -    Ψ    -    Φ    -    Ψ    - 


 上記のように信じてやまない「エセ」ワイン通たちへ送る、フランスのワイン。

VieuxPapes

Vieux Papes
【ヴュー・パープ】


VieuxPapes(label)

 このワイン、フランスでは有名です。なにせ、スーパーへ行けばペットボトルに入って売られているような代物。お値段も、相当お安くて、日本円で300円切るぐらい。日本で買うと、輸送料などで値段が跳ね上がって、700円近くもします。

 一般のフランス人にとってワインは文化であると同時に、生活に密着したものなのです。かしこまったパーティーや、大切な記念日にレストランで飲む、意気込んだ贈り物としてなら、5大シャトーなどのような高級品を飲むこともありますが、普段はごく安いワイン。
 エチケット(ワインの「ラベル」のこと)の下の方に書いてある「Vin de Table [ヴァン・ド・ターブル]」というのは、いわゆる「テーブル・ワイン」のことで、カテゴリー(格)は最低の部類に属します。複雑味などなく、色も薄くてアルコール度数が10%を切るものもざらです。これらを水のように飲んでいるのが一般のフランス人といえば、何となく分かってもらえるかも知れませんね。
 ところで、たいていのワインにはヴィンテージ(ブドウの収穫年)が入っているのに、このワインには入っていないのにお気付きでしょうか。ワインの勉強をしている人には常識なのですが、「ヴァン・ド・ターブル」の場合、エチケットにヴィンテージ、産地、醸造所の所在地などを記入することが禁じられているためです。

 フランスというとフランス料理とワインで、日本人のイメージする高級フレンチを日常食しているわけではありません。言われてみればその通りなのですが、言われないと「フランス人はいつも高級フレンチを食べてるのか」と思ってしまう人もいます。
 逆で考えてみましょう。
 外国の人が日本食でイメージするのは「Sushi(すし)」、「Sashimi(さしみ)」、「Tempura(てんぷら)」などですが、これらを毎日のように食している人というのはほとんどいませんよね。今は「回転寿司」という便利なものがありますが、それでも「高級寿司屋」に毎日通っているかといえば、そんなことはない。
 「フランス人は高級フレンチを食し、高級ワインを飲んでいる」というイメージは、「日本人は(高級)Sushi を食し、どこの家の庭にもMt.Fuji があり、Geisya - Girl と遊んでいる」というイメージと同じようなものです。
 つまり、情報が少ないゆえの偏見です。


 飲んだこともない高級ワインやワイナリーの情報も、知るととても面白いし、披露したくなる気持ちは充分分かります。それは私も同じですから。
 でも、文化などを外見だけで捉えるのではなく、その素地となっている土地や風土や、そこに住む人々の考え方や素の生活体系を知ることも、とても面白いと思います。
 普段はこうして、安いワインでも飲みながら。

  -    Ψ    -    Φ    -    Ψ    - 


 ワインというと気取って飲むイメージがある・・・その通りでもあり、そうでもない。
 ウィスキーにしても、ブランデーにしても、カクテルにしても、どうしても「洋酒」であるがゆえに、ある程度固定されたイメージ(偏見)で見てしまうことが往々にしてあります。これは専門家や通ですら、そうなってしまうことがあります。
 これらを取り払うのは実は想像以上に大変なのですが、やはり一番良いのは「興味を持つこと」、そして「より深く知りたいと思うこと」ではないかと思います。ワインに関してはそれほど詳しいわけではないのですが、私の力の及ぶ範囲内で、もう少しだけワインの「偏見」を取り払ってみたいと思います。

スポンサーサイト

はじめまして。
まさにこのワインを飲みながら、このページにたどり着きました。
安いけどおいしいなって思って飲んでます。地元の方もそんな気持ちで飲んでるんでしょうか、ちょっと嬉しくなりました。
2009.11.04 22:45 | URL | くれゆ2 #- [edit]
 コメントありがとうございます。
 「安いけどおいしいな」っていうのが、やはりいいですよね。気軽に楽しめる感じで。みんなでワイワイ騒ぎながら飲む系統のワインなんで、そういう光景を想像するのも楽しいものですね。
2009.11.06 20:55 | URL | 倖成 #- [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://ktka.blog56.fc2.com/tb.php/287-17fb66ae

プロフィール

倖成卓志

Author:倖成卓志
 いざ、霊薬【エリクシル】を求めて・・・

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。