スポンサーサイト

Posted by 倖成卓志 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Beer - その11 メキシコから来たビール(The Beer from Mexico)

Posted by 倖成卓志 on 04.2009 享楽のビール 0 comments 0 trackback
 ちょっと予定変更。
 モヒートで使うラムのことを書こうと思って調べていたら、まとまりがつかないほどの情報が流れ込んできたので、落ち着くまで延長します。期待していた方、すみません。

 この夏はビール三昧でした。ここまでで記事にしたのは、ヱビス超長期熟成ピルスナー・ウルケルだけですが、実際にはかなりの種類と数を飲んでいます。そこからあと2種類(余裕があればさらに2種類、いやもしかしたら増えるかも)紹介して、ビールの話題一区切り。夏は過ぎちゃってますが、気にしない、気にしない。秋~冬限定ビールも予定してますし。

 今回は、

Corona Extra

Corona Extra
【コロナ エキストラ】


製造元:Grupo Modelo 【モデロ】社
度数:4.6度
  -    Ψ    -    Φ    -    Ψ    - 


 な~んだ、コロナか・・・。と思った方もいるのでは。

 このビールは一時期すごく流行ったので飲んだことのある人も多いでしょうが、飲んだ後の印象は「ぜんぜん苦くない」。ホップの苦みに翻弄されて、「ビールはどうも苦手」という人も多いのですが、このビールはそんなことはありません。一気にゴクゴク飲めます。
 もともとライムをそのまま絞り入れるのですが、まだ日本ではライムがそれほど一般的ではなかったためか、ライム・ジュース入りの小さいパックが付属しています。これを開けて、瓶に入れて飲むと、爽快感増し増し。
 コンビニの普及と、その頃を知らない若い人たちには愛飲している人も多いようですが、中年層にはあまり人気がないかも。何故かと言うと、発泡酒だの第三のビールだのが登場する前は、「ビールは苦い」という基準(というか思い込み)があって、苦くないコロナは「あんなのはビールじゃない」と言っていた人も決して少なくはないからです。

 しかし、侮るなかれ。

 メキシコ・ビールのトップ・ブランドです。

  -    Ψ    -    Φ    -    Ψ    - 


 モデロ社はAlonso Gomez 【アロンソ=ゴメス】とFederico Cisneros 【フェデリコ=シスネロス】の二人によって1922年に作られたビール醸造所です。
 コロナ・ビールの最大の特徴といえば、その見た目。たいていのビールは不透明の瓶か、缶に入っているのが普通なのに、ここのビールは透明のガラスで造られた瓶に詰めています。
 割と見慣れているせいか、これを不思議に思わない人も多いようですが、ウソだと思ったら探してみてください。他のビールで透明の瓶に詰めたものなんて、ほとんど存在しないはずです(もしかしたら、世界のどこかにはあるかも知れませんが)。
 利点は、見た目が良い。ビール自体が金色に輝いているのがすごくよく分かります。欠点は保存が効きにくいこと。輸送から保存までいい加減に取り扱っている業者のものは、見事なまでに不味いです。透明であるということは、直射日光を浴びて、変質するおそれが大きいからです。
 でもこの賭けは成功しました。
 1997年度には、アメリカにおける輸入ビールの割合は、それまで一位を堅持してきたオランダのHeineken【ハイネケン】を押しのけ、とうとう頂点に登りつめたのです。

 コロナというと、一般的にはこの「コロナ・エキストラ」ですね。でも、モデロ社ではいくつものブランドあります。
 そのままズバリのModelo espcial 【モデロ エスペシァル】、日本にもあるNegra Modelo 【ネグラ モデロ】。他にはBARRILITO 【バリリト】、Montejo 【モンテホ】、Victoria 【ヴィクトリア】、Estrella 【エストリャ】、Pacífico 【パシフィコ】、LEON 【レオン】、Tropical Light 【トロピカル ライト】、Modelo Light 【モデロ ライト】、Corona Light 【コロナ ライト】、Pacífico Light 【パシフィコ ライト】と、実に十三ものブランドを持っている巨大企業なのです。

  -    Ψ    -    Φ    -    Ψ    - 


Corona(can)
 今年7月に登場した、コロナの缶入りです。

 さて、これを外で撮影しているのは、冗談ではなく意図です。
 「苦くないこんなものはビールじゃない」と思っている人たちに、質問です。

 私はどこのビールって書きましたっけ?

 先のMojito 【モヒート】にしても、その中で書いているフローズン・スタイルのカクテルにしても、あるいは沖縄のOrion Beer 【オリオン ビール】 にしても、それを批判、あるいは「どこがおいしいのか分からない」と言っている人にお伺いしたいのは、
 「あなたはそれをどこで飲んでいますか?」

 このコロナ缶を買った日は、暑くて暑くて、歩いている人たちはふうふう息を切らしながら、汗をダラダラかいているような猛暑日でした。夏を印象付けるかのごとく。犬みたく舌を出して呻いている人がいたり、中身の入ったペットボトル飲料を額に当てていう人がいたり、信号待ちの人たちは店先の影から体を出さないように縮こまっていたり。

 私はコクの強いビールや、強烈なスピリッツ(蒸留酒)、口が曲がるほど苦いリキュールなどが好きですが、こんな日にそんなもの飲みたくありません。まして、夏のメキシコでなんて!

 まだ残暑たけなわのこの時期、喉が痛くなるほど暑い日中、瓶に口を付けて一気にゴクゴクと呷って一気に偏見も吹き飛ばせ!!
 
スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://ktka.blog56.fc2.com/tb.php/304-887e5b02

プロフィール

倖成卓志

Author:倖成卓志
 いざ、霊薬【エリクシル】を求めて・・・

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。