スポンサーサイト

Posted by 倖成卓志 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Cocktail - 第39回 リヴァイヴ・ミー・アゲイン(Revive Me Again)

Posted by 倖成卓志 on 22.2010 悠久のカクテル 2 comments 0 trackback
Corpse - Reviver

Corpse - Reviver 【コープス・リヴァイヴァー】

 基酒:Brandy 【ブランデー】
 技法:ステア
 度数:30度
 グラス:カクテル・グラス

 レシピ
 Brandy 【ブランデー】 2/4
 Apple - Brandy 【アップル・ブランデー】 1/4
 Sweet - Vermouth 【スウィート・ヴェルモット】 1/4

 「死者を蘇らせるもの」という意。
  -  ○  -  ●  -  ○  -  ●  -  ○  -


 Reviver【リヴァイヴァー】は一般に「復活する」「蘇る」といった意味ですが、カクテルの世界では「迎え酒」の意味として使われています。
 もっとも、リヴァイヴァーというよりは、
 「pick - me - up cocktail【ピック・ミー・アップ・カクテル】」
 という方が一般的です。

 迎え酒というのは、前日に飲みすぎて翌朝に宿酔い【ふつかよい】の症状が出ているときなどに、敢えて飲むお酒のことを言います。一見すると、宿酔いがますます悪化するような気もしますが、これには根拠があります。

 以前にも書いたことがあるのですが(二日酔い防止策)、
 宿酔いを起こす最大の原因はAcetaldehyde 【アセトアルデヒド】の発生で、その他、脱水症状やカルシウムやマグネシウムなどのエネルギー不足、低血糖などを引き起こします。

 これには適切な対処法があるのですが(詳しくは上記「二日酔い防止策」のリンク先にて)、そもそも酒には水分、アルコール、糖分が多く含まれているため、酒を補給することで水分と糖分とが体内に取り込まれることで、一時的にですが、酔いの症状を緩和することができるのです。もっとも、あくまでも一時的なものなので、脳や身体が回復しているうちに素早くエネルギーや水分を補給して、肝臓が適切に動くようにするのがベストといえます。
 果物ならバナナ、飲み物ならオレンジ・ジュース、食べ物ならうどんやラーメンなどがお勧めです。

 コープス・リヴァイヴァーのレシピを見ていただくとお分かり頂けるのが、スウィート・ヴェルモットを使っているということ。
 気つけ薬としても使われるブランデー、爽やかなアップル・ブランデー、そして薬草酒であるヴェルモットを加えることで、やや刺激的でありながらも口当たりは甘く爽やかで、薬効も期待できる組み合わせとなっていますね。度数こそ高いですが、これは結果的にそうなっているというだけであって、迎え酒としてはあまり度数が高くなく、かつ甘口のものをチョイスするのが良いと思われます。

  -  ○  -  ●  -  ○  -  ●  -  ○  -


 まさかの半年ぶりの更新です。

 いつも読んでいただいている方々には本当に申し訳ありません。
 セカンドブログが、どこかでどうしても書きたかった読書の話で調子よく進んでいるということもあるのですが、実は酒に関して何かを書こうとする気力が失せてしまうような事情がありまして(日本の飲酒感覚に絡む話でもあるので、そのうち書きたいと思っていますが)、ブログ村のランキング除外の憂き目に遭いつつも、後回しになってしまっていました。
 それでもカウンターで確認してみれば、毎日のようにたくさんの方々に訪問していただいていることに気付き、短いながらも何とか気合いを入れて文章を書いてみました。全然、本調子でないのが悔やまれますが。

 以前ほどの更新速度ではないにしても、折を見て書いていきたいと思います。
 いまのところは、特にビール関連でいろいろと面白い商品を見つけたので、それらの紹介を勧めていきたいと思っています。ああ、その前に、グラスの話の決着が・・・と言っても、あれはかなり長い文章が必要なので、すぐには紹介できないですが。
 こんなお酒があったのか、こんな飲み方があったのか、こんな楽しみ方があったのか、あの有名人にそんな酒絡みの話があったのか、そんな感想を抱いてもらえるような内容を書いていきたいと、改めて考えております。

にほんブログ村 酒ブログ カクテルへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

お久しぶりです(^^)
また更新されたのですね。タメになるお話を楽しみにしております!
2010.06.24 07:32 | URL | nao. #- [edit]
 お久しぶりです。
 酒に対する気力が少々復活したので(笑)、地道に、思うままに書いていきます。また、よろしくお願いいたします。
2010.06.24 20:25 | URL | 倖成 #- [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://ktka.blog56.fc2.com/tb.php/314-879f82e9

プロフィール

倖成卓志

Author:倖成卓志
 いざ、霊薬【エリクシル】を求めて・・・

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。