スポンサーサイト

Posted by 倖成卓志 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カクテル・データベース D

Posted by 倖成卓志 on 01.2000 データベース 2 comments 0 trackback
カクテル・データベース D

>現在9件


メニュー一覧:(クリックで、各レシピへ飛びます)

Daiquiri 【ダイキリ】
Dalton 【ドルトン】
Dance - With - A - Dream - Cocktail 【ダンス・ウィズ・ア・ドリーム・カクテル】
Dancin' - Bones 【ダンシン’・ボーンズ】
Davis - Cocktail 【デイヴィス・カクテル】
Discovery 【ディスカヴァリィ】
Dry - Mermaid - Martini 【ドライ・マーメイド・マティーニ】
Dry - Mongomery - Martini 【ドライ・モンゴメリー・マティーニ】
Dogs - Nose 【ドッグス・ノーズ】
▲ 検索室へ戻る






Daiquiri 【ダイキリ】

 基酒:Rum 【ラム】
 技法:シェーク
 度数:24度
 グラス:カクテル・グラス

 レシピ
 Rum 【ラム [ホワイト]】 3/4
 Lime - Juice 【ライム・ジュース】 1/4
 砂糖 1tsp.

 解説:
   キューバ郊外にあるダイキリ鉱山の名前を冠したカクテル。鉱山技師たちの暑気払いのためバケツで配られていたラムの中へ、とある技師がライムを次々に投げ入れてしまい、それを見ていた別の技師がコップに掬って砂糖を混ぜて飲んだのが始まりとされる。
   発生諸説多く、自然発生説もある。定番中の定番カクテル。
 登場:Spirits その4 - 都会のラム




Dalton 【ドルトン】

 基酒:Bourbon 【バーボン】
 技法:ビルド
 度数:40度
 グラス:オールド・ファッションド・グラス

 レシピ
 [Jim Beam] Bourbon 【[ジム・ビーム] バーボン】 1/2
 [Drambuie] Whisky- Liqueur 【[ドランブイ] ウィスキー・リキュール】 1/2

 解説:
   アメリカ・マサチューセッツ州、及びアメリカ・ジョージア州にある町の名前、またはイギリス系の姓。ドランビュイにスコッチはともかく、バーボンと合わせるのは珍しい。
 登場:




Dance - With - A - Dream - Cocktail
【ダンス・ウィズ・ア・ドリーム・カクテル】


 基酒:Liqueur 【リキュール】
 技法:シェーク
 度数:37度
 グラス:オールド・ファッションド・グラス

 レシピ
 Brandy 【ブランデー】 60ml
 White - Curaçao 【ホワイト・キュラソー】 15ml
 Anisette 【アニゼット】 1tsp.

 解説:
   「夢と舞う」という意味。
   度数が高すぎて、舞い狂いそう。
 登場:




Dancin' - Bones
【ダンシン’・ボーンズ】


 基酒:Liqueur 【リキュール】
 技法:ステア
 度数:20度
 グラス:カクテル・グラス

 レシピ
 Dry - Vermouth 【ドライ・ヴェルモット】 45ml
 Gin 【ジン】 2tsps.
 Cherry - brandy 【チェリー・ブランデー】 2tsps.

 解説:
   「踊る骸骨【がいこつ】」という意味。
   ヴェルモットがベースとなっている珍しいカクテル。
 登場:




Davis - Cocktail 【デイヴィス・カクテル】

 基酒:Liqueur 【リキュール】
 技法:シェーク
 度数:20度
 グラス:オールド・ファッションド・グラス

 レシピ
 Rum 【ラム】 1 + 1/2 oz.
 Dry - Vermouth 【ドライ・ヴェルモット】 1 + 1/2 oz.
 Lime - Juice 【ライム・ジュース】 1oz.
 Raspberry - Syrup 【ラズベリー・シロップ】 2dashes.

 解説:
   名前の意味は不明。ラムもラズベリーも甘口で、ライム・ジュースをフレッシュにするかコーディアル(加糖)にするかで雰囲気ががらりと変わる。
 登場:




Discovery 【ディスカヴァリィ】

 基酒:Liqueur 【リキュール】
 技法:ステア
 度数:7度
 グラス:ハイボール・グラス

 レシピ
 Adovocaat 【アドヴォカート】 45ml
 Ginger - Ale 【ジンジャー・エール】 適量

 解説:
   「発見」という意味。
   それほどでもない。ちょいと名前負けのカクテルかも知れない。
 登場:Liqueur その2 - Advocaat 【アドヴォカート】




Dry - Mermaid - Martini 【ドライ・マーメイド・マティーニ】

 基酒:Gin 【ジン】
 技法:シェーク
 度数:36度
 グラス:カクテル・グラス

 レシピ
 Gin 【ジン】 5/6
 Cherry - Brandy 【チェリー・ブランデー】 1/6

 解説:
   「乾燥地帯の人魚」という意味不明のネーミングを持つマティーニ。「Dry」はドライ・マティーニの意味でもある。
 登場:Cocktail - 第6回 Martini(2)




Dry - Mongomery - Martini 【ドライ・モンゴメリー・マティーニ】

 基酒:Gin 【ジン】
 技法:シェーク
 度数:38度
 グラス:カクテル・グラス

 レシピ
 Gin 【ジン】 15/16
 Dry - Vermoute 【ドライ・ヴェルモット】 1/16

 解説:
   アーネスト=ヘミングウェイの小説『河を渡って木立の中へ』に登場するカクテル。モンゴメリー将軍が、自分の軍勢が相手の軍勢の15倍(15:1)という状況になるまで決して動こうとはしなかったことに由来。「Dry」は、モンゴメリー将軍が砂漠戦をしたことからの、乾燥(Dry)とドライ・ヴェルモットとの掛け言葉。
 登場:Cocktail - 第5回 Martini(1)




Dogs - Nose 【ドッグス・ノーズ】

 基酒:Beer 【ビール】
 技法:ビルド
 度数:20度
 グラス:タンブラー

 レシピ
 Beer 【ビール】 適量
 Gin 【ジン】 45ml

 解説:
   ジンを注いでからビールを注ぐこと。
   名前の由来はふたつほど。ひとつは、香りが強烈なジンでも、ビールの中に紛れ込むと「犬の鼻」ですら気付かない、という意味を込めて名付けたという説。もうひとつは、飲んで、荒くれた犬のようになるという説などがある。
   ビール・カクテルの中では度数がかなり高く、いきなり酔ってしまいたい人向け。
 登場:Cocktail - 第19回 夏へのビア(The Beer into Summer)(その1)


スポンサーサイト

こんにちわ~はじめまして

カクテルってたくさんあるんですね
ダイキリとドライマティーニは昔よく注文していたような・・
普通にドライマティーニをって言っていたんですが
ドライマティーニにも種類があるのは知りませんでした。
あたしが飲んでいたのは・・なんだったんでしょう~
2006.12.10 13:49 | URL | fey #yqORHH8Q [edit]
 初めまして。カクテルはすごく種類が多いのが特徴です。ホントに、毎日のように新しいものが出てきて、毎日のように消えていきます。

 ドライ・マティーニは普通の、ジン+ドライ・ヴェルモットのMartini 【マティーニ】だと思いますよ。「Cocktail - 第5回 Martini(1) 」を読んで頂ければ(登場の箇所をクリック)もっと混乱すること間違いなし(苦笑)。
 今後ともよろしくお願いします。

2006.12.10 14:23 | URL | 倖成 #iqhSIKS2 [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://ktka.blog56.fc2.com/tb.php/37-9dac3bc0

プロフィール

倖成卓志

Author:倖成卓志
 いざ、霊薬【エリクシル】を求めて・・・

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。