スポンサーサイト

Posted by 倖成卓志 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カクテル・データベース M

Posted by 倖成卓志 on 01.2000 データベース 0 comments 0 trackback
カクテル・データベース M

>現在15件


メニュー一覧:(クリックで、各レシピへ飛びます)

Magic - Punch 【マジック・パンチ】
Magic - Trick 【マジック・トリック】
Manhattan 【マンハッタン】
Margarita 【マルガリータ】
Martini (Dry) 【マティーニ(ドライ)】
Martini (Sweet) 【マティーニ(スウィート)】
Mexican - Cocktail 【メキシカン・カクテル】
Midnight - Martini 【ミッドナイト・マティーニ】
Mint - Beer 【ミント・ビア】
Mint - Chololate - Another - One 【ミント・チョコレート・アナザー・ワン】
Mockingbird 【モッキン・バード】
Moonlight - Serenade 【ムーンライト・セレナーデ】
Moon - River 【ムーン・リヴァー】
Monkey - Wrench 【モンキー・レンチ】
Moscow - Mule 【モスコ・ミュール】
▲ 検索室へ戻る




Magic - Punch 【マジック・パンチ】

 基酒:Vodka 【ウオツカ】
 技法:シェーク
 度数:22度
 グラス:コリンズ・グラス

 レシピ
 [Absolut] Vodka 【[アブソリュート] ウオツカ】 4oz.
 Guava - Juice 【グワヴァ・ジュース】 1oz.
 Papaya - Juice 【パパイア・ジュース】 1oz.
 Mango - Juice 【マンゴー・ジュース】 1oz.

 解説:
   「仰天マジック」、「不思議なパンチ(ドリンク)」という意味。南国の果物をふんだんに使うことで、常夏の雰囲気を醸し出している。
 登場:Cocktail - 第8回 奇術師たちの饗宴




Magic - Trick 【マジック・トリック】

 基酒:??
 技法:ステア
 度数:18度
 グラス:ビア・マグカップ

 レシピ
 Vodka 【ウオツカ】 1/8
 Brandy 【ブランデー】 1/8
 Disaronno - Amaretto 【ディサローノ・アマレット】 1/8
 Irish - Cream 【アイリッシュ・クリーム】 1/8
 [KAHLÚA] COFFEE LIQUEUR 【[カルーア] コーヒー・リキュール】 1/8
 Milk 【牛乳】 3/8

 解説:
   「奇術のタネ」、「魔法の材料」という意味。ブランデーとアマレット、コーヒーという味も香りも別要素の部分を、どちらにも絡み合う牛乳で取りまとめている。カクテル・タイプのアイスクリームを好む方にお勧め。
 登場:Cocktail - 第8回 奇術師たちの饗宴




Manhattan 【マンハッタン】

 基酒:Rye - Whisky 【ライ・ウィスキー】
 技法:ステア
 度数:32度
 グラス:カクテル・グラス

 レシピ
 Rye - Whiskey 【ライ・ウィスキー】 3/4
 Sweet - Vermoute 【スウィート・ヴェルモット】 1/4
 Angostura - Bitters 【アンゴスチュラ・ビターズ】 1dash.
 
 解説:
  アメリカ・ニューヨーク市のマンハッタン島の名を冠したカクテル。「カクテルの女王」と称される、見た目も美しいカクテル。
  バーで勤めていたチャーチルの母が作ったという説と、傷を負ったガン・マン(猟師)に気付け薬として作られたという説とがある。
 登場:Cocktail - 第10回 いわゆる本格
  Cocktail - 第27回 カクテル・コレクター(The cocktail - Collector)




Margarita 【マルガリータ】

 基酒:Tequila 【テキーラ】
 技法:シェーク
 度数:26度
 グラス:カクテル・グラス

 レシピ
 Gin 【ジン】 1/2
 Cointreau 【コワントロー】 1/4
 Lemon - Juice 【レモン・ジュース】 1/4

 解説:
   「Side - Car 【サイド・カー】 ヴァリエーション’ズ」のひとつ。ロサンゼルスのバー「テール・オ・コック」のバーテンダー、ジャン=ディレッサー氏が作ったという説が最有力。マルガリータというメキシコ人の恋人が、狩猟に出かけた際に流れ弾に当たって死亡したのを嘆き、その思いを込めてメキシコの酒であるテキーラをベースにこのカクテルを作ったとされる。1949年、アメリカでのナショナル・カクテル・コンテストで披露し、3位を獲得した。
   塩でスノー・スタイルに仕上げる。レモン・ジュースの代わりにライム・ジュースを使う場合もある。
 登場:Cocktail - 第3回 Side-Car & Variations
   Bar 【バー】 に対するイメージ




Martini (Dry) 【マティーニ(ドライ)】

 基酒:Gin 【ジン】
 技法:ステア
 度数:32度
 グラス:カクテル・グラス

 レシピ
 Gin 【ジン】 2/3
 Dry - Vermoute 【ドライ・ヴェルモット】 1/3
 Orange - bitters 【オレンジ・ビターズ】 1dash.

 解説:
  別名、「カクテルの帝王」。有力な説は、イタリアのマルティニ・エ・ロッシ社がキャンペーンに作ったとするもの。最初は Gin 【ジン】Sweet - Vermouthe 【スウィート・ヴェルモット】 の比率が1対1の Gin & It 【ジン・アンド・イット】 とされる。
 登場:Cocktail - 第5回 Martini(1)
   Bar 【バー】 に対するイメージ
   小説『三幕の殺人』:アガサ=クリスティー
   Cocktail - 第33回 The Red and the Green Vermouth(赤と緑のヴェルモット)(その1)



Martini (Sweet) 【マティーニ(スウィート)】

 基酒:Gin 【ジン】
 技法:ステア
 度数:32度
 グラス:カクテル・グラス

 レシピ
 Gin 【ジン】 2/3
 Sweet - Vermoute 【スウィート・ヴェルモット】 1/3
 Orange - bitters 【オレンジ・ビターズ】 1dash.

 解説:
  「カクテルの帝王」と呼ばれるMartini 【マティーニ】の、ドライ・ヴェルモットをスウィート・ヴェルモットに変えたもの。ドライ全盛期においては存在のみで、その価値が省みられることがなかった一品。
 登場:Cocktail - 第5回 Martini(1)
   Cocktail - 第33回 The Red and the Green Vermouth(赤と緑のヴェルモット)(その1)



Mexican - Cocktail 【メキシカン・カクテル】

 基酒:Tequila 【テキーラ】
 技法:シェーク
 度数:20度
 グラス:カクテル・グラス

 レシピ
 Tequila 【テキーラ】 1/2
 Pineapple - Juice【パイナップルジュース】 1/2
 Syrop de Grenadin 【グレナディン・シロップ】 1dash.
 
 解説:
   創作者はHarry Craddock 【ハリー=クラドック】。「メキシコのカクテル」という意味。
 登場:Cocktail - 第10回 いわゆる本格




Midnight - Martini 【ミッドナイト・マティーニ】

 基酒:Gin 【ジン】
 技法:シェーク
 度数:28度
 グラス:カクテル・グラス

 レシピ
 [Seagram] Gin 【[シーグラム] ジン】 1/2
 Dry - Vermoute 【ドライ・ヴェルモット】 1/2

 解説:
 登場:Cocktail - 第6回 Martini(2)




Mint - Beer 【ミント・ビア】

 基酒:Beer 【ビール】
 技法:ビルド
 度数:6度
 グラス:タンブラー

 レシピ
 Creme de Menthe (Green) 【ペパーミント・リキュール(緑)】 15ml
 Beer 【ビール】 適量

 解説:
   普通のビール・カクテルとは逆に、ビールを注いでからリキュールを注ぐ。
   ミントの香りが非常に強く、アフター・ディナー向き。
 登場:
Cocktail - 第20回 夏へのビア(The Beer into Summer)(その2)




Mint - Chololate - Another - One - Koujou original version -
【ミント・チョコレート・アナザー・ワン(倖成アレンジヴァージョン)】


 基酒:Rum 【ラム】
 技法:シェーク
 度数:27.5度
 グラス:カクテル・グラス

 レシピ
 Rum 【ラム】 3/8
 Crème de Cacao (Brown) 【カカオ・リキュール(茶)】 3/8
 Campari 【カンパリ】 1/8
 Crème de Menthe (White) 【ミント・リキュール(白)】 1/8

 解説:
   倖成オリジナル。
   ミントの馥郁たる香りと、甘く切ないラム&チョコレート、そしてかすかに広がる大人の苦味。個性の強すぎるカンパリをアクセントにしてみた一品。
 登場:
カクテルのアトリエ(6)




Mockingbird 【モッキンバード】

 基酒:Tequila 【テキーラ】
 技法:シェーク
 度数:25度
 グラス:カクテル・グラス

 レシピ
 Tequila 【テキーラ】 30ml
 Creme de Menthe (Green) 【ペパーミント・リキュール(緑)】 15ml
 Lime - Juice 【ライム・ジュース】 15ml

 解説:
   スズメ目マネシツグミ科の鳥で、メキシコ原産の鳥「ものまねどり」の名を冠したカクテル。
   ペパーミント・リキュールを使ったカクテルでは最も人気が高く、定番のひとつといえる。テキーラ特有の香りとミント・ライムとのコラボレーションは秀逸。ただし好き嫌いははっきりと分かれる。
 登場:Cocktail - 第21回 八十分間世界一周(Le tour du monde en quatre-vingt minutes)




Monkey - Wrench 【モンキー・レンチ】

 基酒:Rum 【ラム】
 技法:ビルド
 度数:12度
 グラス:カクテル・グラス

 レシピ
 Rum (Right) 【ラム(ライト)】 30ml
 Grapefruit - Juice 【グレープフルーツ・ジュース】 適量

 解説:
  「モンキー・レンチ」は工具の名前。おそらく、Screwdriver 【スクリュードライヴァー】をヒントにして作られたカクテルと思われる。

 登場:Spirits - その9 夜も元気だ、サンショウウオだ




Moonlight - Serenade 【ムーンライト・セレナーデ】

 基酒:Liqueur 【リキュール】
 技法:シェーク
 度数:9度
 グラス:ハイボール・グラス

 レシピ
 [Bols] Orange - Liqueur 【[ボルス] オレンジ・リキュール】 1/3
 Orange - Juice 【オレンジ・ジュース】 2/3

 解説:
   最後にオレンジのスライスを飾る。
   『Moonlight Serenade』は、スウィングの代表的なトロンボーン奏者であるグレン=ミラーが作曲した曲。軽快でアップテンポな曲の多いスウィングには珍しく、スローテンポで落ち着きのある曲。

 登場:Cocktail - 第26回 フルム-ン・パレス(Fullmoon Palace)




Moon - River 【ムーン・リヴァー】

 基酒:Liqueur 【リキュール】
 技法:シェーク
 度数:25度
 グラス:ゴブレット

 レシピ
 Apricot - Brandy 【アプリコット・ブランデー】 1oz.
 Gin 【ジン】 1oz.
 White - Curaçao 【ホワイト・キュラソー】 1oz.
 Galliano [herbal liqueur] 【ガリアーノ】 1/2oz.
 Lime - Juice 【ライム・ジュース】 2/3oz.
 Blue - Curaçao 【ブルー・キュラソー】 1/3oz.
 Sugar - Syrup 【シュガー・シロップ】 1/2oz.

 解説:
   ブルー・キュラソー以外をシェークさせたらゴブレットへ注ぎ、上からブルー・キュラソーを流し入れる。
   『Moon River』は、映画『ティファニーで朝食を』で主演のオードリー=ヘプバーンが歌い、アカデミー賞を受賞した曲。作詞:ジョニー=マーサー、作曲:ヘンリー=マンシーニ。後に、ルイ=アームストロング、フランク=シナトラ、サラ=ヴォーン、小田和正、渡辺美里などによりカヴァーされた。

 登場:Cocktail - 第26回 フルム-ン・パレス(Fullmoon Palace)




Moscow - Mule 【モスコ・ミュール】

 基酒:Vodka 【ウオツカ】
 技法:シェーク
 度数:12度
 グラス:銅製マグ・カップ

 レシピ
 [SMIRNOFF] Vodka 【[スミノフ] ウオツカ】 45ml
 Lime - Juice 【ライム・ジュース】 15ml
 Ginger - Beer 【ジンジャー・ビア】 適量

 解説:
  「モスクワのラバ」という意味。「ミュール」には「キック(蹴り足)の強い飲み物」という意味も持つ。ただし、開発者(&スミノフの創業者)によれば「何となく頭に浮かんだ」とのことで、名前に深い意味はないようである。
 SMIRNOFF 【スミノフ】 のアメリカ販売促進のために作られたカクテルで、ライム好きにはたまらない一品。当時、アメリカに売り込みに来ていたスミノフの営業担当が、大量の在庫を抱えて難儀していたジンジャー・ビアの営業マンと意気投合して作ったとされるカクテル。日本ではジンジャー・ビアは入手しづらいので、ジンジャー・エールで代用することが多い。銅製マグ・カップに入れるのが本家の飲み方。
 登場:Bar 【バー】 に対するイメージ
スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://ktka.blog56.fc2.com/tb.php/46-c0053987

プロフィール

倖成卓志

Author:倖成卓志
 いざ、霊薬【エリクシル】を求めて・・・

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。