スポンサーサイト

Posted by 倖成卓志 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カクテル・データベース P

Posted by 倖成卓志 on 01.2000 データベース 0 comments 0 trackback
カクテル・データベース P

>現在19件


メニュー一覧:(クリックで、各レシピへ飛びます)

P.T.O. 【ピー・ティー・オー】
Pacifica 【パシフィカ】
Pacifist 【パシフィスト】
Paddy 【パディ】
Paisley - Martini 【ペイズリ・マティーニ】
Pall - Mall - Cocktail 【ペル・メル・カクテル】
Parisian 【パリジャン】
Perfect - Martini 【パーフェクト・マティーニ】
Perfect - No.TEN - Martini 【パーフェクト・No.TEN・マティーニ】
Picon - Cocktail 【ピコン・カクテル】
Picon - Highball 【ピコン・ハイボール】
Piña - Colada 【ピニャ・コラーダ】
Pink - Gin 【ピンク・ジン】
Planter's - Cocktail 【プランター’ズ・カクテル】
Poinsettia 【ポインセチア】
Poker 【ポーカー】
Poker - Face 【ポーカー・フェイス】
Prince - Charles - Coffee 【プリンス・チャーリー・コーヒー】
Pussyfoot 【プッシーフット】
▲ 検索室へ戻る




P.T.O. 【ピー・ティー・オー】

 基酒:Rum 【ラム】
 技法:ステア
 度数:21度
 グラス:ハイボール・グラス

 レシピ
 Rum (dark) 【ラム(ダーク)】 45ml
 Vodka 【ウオツカ】 30ml
 White - Curaçao 【ホワイト・キュラソー】 30ml
 Orange - Juice 【オレンジ・ジュース】 適量

 解説:
   「P.T.O.」とは「Please turn over」の略で、「どうぞ裏面をご覧ください」という意味。
   ロング・スタイルとしては度数が高く、華やかな見た目に騙されて一気に飲み干すと、後で激しく酔いが回ってくるタイプのものなので、裏面(説明書:レシピ)を見ていないと大変なことになるかも。
 登場:




Pacifica 【パシフィカ】

 基酒:Rum 【ラム】
 技法:ステア
 度数:19度
 グラス:カクテル・グラス

 レシピ
 Bourbon 【バーボン】 1/2
 Pineapple - Juice 【パイナップル・ジュース】 1/2
 Sweet - Vermouth 【スウィート・ベルモット】 1tsp.

 解説:
 登場:




Pacifist 【パシフィスト】

 基酒:Rum 【ラム】
 技法:シェーク
 度数:34度
 グラス:カクテル・グラス

 レシピ
 Brandy 【ブランデー】 3/4oz.
 Rum 【ラム】 1 + 3/4oz.
 Lemon - Juice 【レモン・ジュース】 1/4oz.
 Syrop de Raspberry 【ラズベリー・シロップ】 2tsp.

 解説:
   「平和主義者」という意味。
 登場:




Paddy 【パディ】

 基酒:Whiskey 【ウィスキー】
 技法:シェーク
 度数:27度
 グラス:カクテル・グラス

 レシピ
 Irish - Whiskey 【アイリッシュ・ウィスキー】 1/2
 Sweet - Vermouth 【スウィート・ヴェルモット】 1/2
 Bitters 【ビターズ】 1dash.

 解説:
   「Paddy」とはアイルランド人の俗称。使うウィスキーは当然、アイリッシュに限る。ビターズは好みにより、何を使ってもよい。
 登場:




Paisley - Martini 【ペイズリ・マティーニ】

 基酒:Gin 【ジン】
 技法:ステア
 度数:35度
 グラス:オールド・ファッション’ド・グラス

 レシピ
 Gin 【ジン】 3/4
 Dry - Vermouth 【ドライ・ヴェルモット】 1/4
 Scotch 【スコッチ】 1tsp.

 解説:
   「Paisley」とは「毛織物」という意味。材料をステアしてグラスへ注いだら、レモンの皮をツイストさせる。
 登場:




Pall - Mall - Cocktail 【ペル・メル・カクテル】

 基酒:Gin 【ジン】
 技法:ステア
 度数:28度
 グラス:オールド・ファッション’ド・グラス

 レシピ
 Gin 【ジン】 45ml
 Dry - Vermouth 【ドライ・ヴェルモット】 15ml
 Sweet - Vermouth 【スウィート・ヴェルモット】 15ml
 Creme de cacao (white) 【クレーム・ド・カカオ(白)】 15ml

 解説:
   「ペルメル」は元々イタリアの球技で、16世紀から17世紀頃に流行した。木槌で打った木の球をレーンに転がして、鉄製のゲートをくぐらせるというもの。イギリスのペルメル街の名称は、この球技が盛んに行われたことから名付けられたという。
 登場:




Parisian 【パリジャン】

 基酒:Liqueur 【リキュール】
 技法:ステア
 度数:29度
 グラス:カクテル・グラス

 レシピ
 Gin 【ジン】 3/6
 Dry - Vermouth 【ドライ・ヴェルモット】 2/6
 Crème de Cassis 【カシス・リキュール】 1/6

 解説:
   「パリっ子」という意味。カシス入りのマティーニともいえる。少々甘口だが、コクがあるので案外すんなりとは飲めない。
 登場:Cocktail - 第34回 The Red and the Green Vermouth(赤と緑のヴェルモット)(その2)




Perfect - Martini 【パーフェクト・マティーニ】

 基酒:Gin 【ジン】
 技法:ステア
 度数:32度
 グラス:カクテル・グラス

 レシピ
 Gin 【ジン】 2/3
 Dry - Vermoute 【ドライ・ヴェルモット】 1/6
 Sweet - Vermoute 【スィート・ヴェルモット】 1/6

 解説:
  名前はMartini 【マティーニ】 の究極版という意味。比率を均等にすると、 Trinity 【トリニティ】 となる。
 登場:Cocktail - 第5回 Martini(1)
   Cocktail - 第33回 The Red and the Green Vermouth(赤と緑のヴェルモット)(その1)




Perfect - No.TEN - Martini
【パーフェクト・No.TEN・マティーニ】


 基酒:Gin 【ジン】
 技法:ステア
 度数:40度
 グラス:カクテル・グラス

 レシピ
 [Tanqueray No.TEN] Gin 【[タンカレーNo.TEN]ジン】 1glass.

 解説:
   タンカレー公式カクテルのひとつ。
   最後にレモン・ピールをする。氷を入れてシェークするだけの簡単なレシピだが、No.TENに潜む馥郁たる香りを引き出してくれる。
 登場:




Picon - Cocktail 【ピコン・カクテル】

 基酒:Liqueur 【リキュール】
 技法:ステア
 度数:17度
 グラス:カクテル・グラス

 レシピ
 Picon 【ピコン】 30ml
 Sweet - Vermouth 【スウィート・ヴェルモット】 30ml

 解説:
   フランスのリキュール「Picon 【ピコン】」とSヴェルモットのハーフ&ハーフ。Sヴェルモットにより苦味が多少緩和されているが、コクが強く、大人向け。プレ・ディナー・カクテル。
 登場:Liqueur - その8 苦の一ページ(Une page d'amer)




Picon - Highball 【ピコン・ハイボール】

 基酒:Liqueur 【リキュール】
 技法:ビルド
 度数:6度
 グラス:ハイボール・グラス

 レシピ
 Picon 【ピコン】 45ml
 Syrup de Grenadine 【グレナディン・シロップ】 3dashes.
 Soda 【ソーダ水】 適量

 解説:
   フランスのリキュール「Picon 【ピコン】」を使ったハイボール・スタイルのカクテル。ピコンを使ったカクテルの中では最も作られていると言ってよい。苦味が強いので大人向けのプレ・ディナー・カクテル。
 登場:Liqueur - その8 苦の一ページ(Une page d'amer)




Piña - Colada 【ピニャ・コラーダ】

 基酒:Rum 【ラム】
 技法:シェーク
 度数:8度
 グラス:ゴブレット

 レシピ
 Rum (Right) 【ラム(ライト)】 30ml
 Pineapple - Juice 【パイナップル・ジュース】 80ml
 Coconut - Milk 【ココナッツ・ミルク】 30ml

 解説:
    スペイン語で「パイナップル畑」、または「パイナップルの生い茂る峠」という意味。カリブ海で生まれ、フロリダ州マイアミを経てニューヨークで大人気を博した。ゴブレットにクラッシュド・アイスを詰め込み、シェークした材料を注いでから季節の花や果物で飾りつけ、ストローを2本差して出来上がり。
 登場:Spirits その4 - 都会のラム




Pink - Gin 【ピンク・ジン】

 基酒:Gin 【ジン】
 技法:シェーク
 度数:41度
 グラス:カクテル・グラス

 レシピ
 Gin 【ジン】 1glass.
 Angostura - Bitters 【アンゴスチュラ・ビターズ】 2dases.

 解説:
    名前は「ピンク」と女性的だが、実際にはジンに苦みを付けただけの、非常に強いカクテル。Gin & Bitters 【ジン・アンド・ビターズ】のシェーク版。
 登場:小説『三幕の殺人』:アガサ=クリスティー




Planter's - Cocktail 【プランター’ズ・カクテル】

 基酒:Rum 【ラム】
 技法:シェーク
 度数:17度
 グラス:カクテル・グラス

 レシピ
 Rum (Right) 【ラム(ライト)】 1/2
 Orange- Juice 【オレンジ・ジュース】 1/2
 Lemon - Juice 【レモン・ジュース】 3dashes.

 解説:
   プランテーションとは、東南アジアや中南米へ資本を投下し、安い労働力を使って単一の植物を大量に作り出す大農園システム。天然ゴム、サトウキビ、コーヒーなどを産出する。人権問題、環境問題などが取り沙汰されている。
   プランターとは、プランテーションの主人(農場主)を指し、プランターが飲んだとも、プランターが労働者に飲ませたものとも言われている。果実の酸味が利いている。
 登場:Cocktail - 第13回 ラムでカクテルを(1)




Poinsettia 【ポインセチア】

 基酒:Gin 【ジン】
 技法:ステア
 度数:32度
 グラス:カクテル・グラス

 レシピ
 Champagne 【シャンパン】 1/2
 Cranberry - Juice 【クランベリー・ジュース】 1/2
 Grand Marnier (Cordon Rouge) 【グラン・マルニエ(コルドン・ルージュ)】 1tsp.

 解説:
   「ポインセチア」はトウダイグサ科の植物。
   赤い杯状花序と緑色の葉とのコントラストが、クリスマスの観賞用として重宝されている。
 登場:Cocktail - 第17回 クランベリーだけが果物というわけじゃない(Cranberry Are Not the Only Fruit) (その2)




Poker 【ポーカー】

 基酒:Rum 【ラム】
 技法:シェーク
 度数:27度
 グラス:カクテル・グラス

 レシピ
 Rum (White) 【ラム(ホワイト)】 1/2
 Sweet - Vermoute 【スウィート・ヴェルモット】 1/2

 解説:
   カード・ゲームの中でも世界トップ・クラスの認知度と人気を誇る「ポーカー」の名を冠したカクテル。非常にシンプルなレシピだが、それだけに愛好者も多い。別名「Little - Princess 【リトル・プリンセス】」。
 登場:Cocktail - 第8回 奇術師たちの饗宴




Poker - Face 【ポーカー・フェイス】

 基酒:Tequila 【テキーラ】
 技法:ステア
 度数:13度
 グラス:カクテル・グラス

 レシピ
 Tequila 【テキーラ】 50ml
 Cointreau 【コワントロー】 15ml
 Pineapple - Juice 【パイナップル・ジュース】 125ml

 解説:
   カード・ゲーム「ポーカー」のプレイ中、自分の手を明かさないようにと冷静を装うことを「ポーカー・フェイス」と呼び、いつしか、動揺しても顔色を変えないことを意味するようにもなった。テキーラの独特の香りと、パイナップルの酸味が強く、「ポーカー・フェイス」でいられるかな?
 登場:Cocktail - 第8回 奇術師たちの饗宴




Prince - Charles - Coffee 【プリンス・チャーリー・コーヒー】

 基酒:Liqueur 【リキュール】
 技法:ビルド
 度数:4度
 グラス:アイリッシュ・コーヒー・カップ

 レシピ
 Drambuie 【ドランブイ】 3/4oz.
 Hot black coffee 【ホット・ブラック・コーヒー】 5oz.
 Whipped cream 【ホイップ・クリーム】 1 + 1/2oz.
 Sugar 【砂糖】 1tsp.

 解説:
  「チェーリー王子のコーヒー」という意味。
  ここでいうチャーリー王子とは、「若王位僭称者」Charles - Edward - Stuart 【チャールズ=エドワード=スチュアート】のこと。Bonnie - Prince - Charlie 【ボニー=プリンス=チャーリー】(「可愛いチャーリー王子」という意味)の愛称で呼ばれる。名誉革命によって追われたジェームズ2世の子で、フランスの支援を受けてスコットランドに上陸するも、カロデンの戦いで敗れる。敗走時に最後まで付き従ったマッキンノンに授けたのが、王家の秘酒「ドランブイ」である。
 登場:Cocktail - 第31回 王者の贈り物(The Gift of the Prince)(その4)




Pussyfoot 【プッシーフット】

 基酒:なし
 技法:シェーク
 度数:0度
 グラス:カクテル・グラス

 レシピ
 Orange - Juice 【オレンジ・ジュース】 3/4
 Lemon - Juice 【レモン・ジュース】 1/4
 Syrop de Grenadin 【グレナディン・シロップ】 1tsp.
 卵黄 1個

 解説:
  「忍び足で歩く」という意味。「猫ちゃんの忍び足」の意味も。アメリカの禁酒運動家ウィリアム.E.ジョンソンが忍び足で歩くことから名付けられた愛称にちなんでいるとされる。やや濃厚ながらも滑らかな喉越しで、酒がまったく飲めない人にお勧め。
 登場:Bar 【バー】 に対するイメージ




スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://ktka.blog56.fc2.com/tb.php/49-545f6c6a

プロフィール

倖成卓志

Author:倖成卓志
 いざ、霊薬【エリクシル】を求めて・・・

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。