スポンサーサイト

Posted by 倖成卓志 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リキュール&スピリッツ&ビール データベース B

Posted by 倖成卓志 on 01.2000 データベース 0 comments 0 trackback
リキュール&スピリッツ&ビール

 データベース B

>現在8件






BEEFEATER 【ビーフィーター】

 分類:ジン
 度数:40度、47度
 製造国:イギリス
 製造元:BEEFEATER 【ビーフィーター】 社

 解説:
   ビーフィーターとは、ロンドン塔の衛兵たちの愛称。名前の由来は、牛肉を下賜された説、牛肉の毒見役を行った説などがある。
   ジンとしてのビーフィーターは、衛兵のようにレシピを守っているという意味合いがこもっており、コリアンダーの種やアンジェリカの根などを原料に使っているようだが、詳細は不明。爽やかな香りと、柔らかい喉越しがジンのトップクラスに位置する所以である。
   また、「ビーフィーターを出されたら、それは歓迎された証」とも言われる。
 登場:Spirits - その8 アナタ、肉クウ人







BEEFEATER CROWN JEWEL
 【ビーフィーター・クラウン・ジュエル】


 分類:ジン
 度数:50度
 製造国:イギリス
 製造元:BEEFEATER 【ビーフィーター】 社

 解説:
   ビーフィーターのプレミアム。名前の由来は、英国王室の宝物を意味する「Crown Jewels」から。宝物という意味と、衛兵たちが宝物を守るように秘伝のレシピを守っているという意味も込めているよう。
 元は空港の免税店向けの限定発売品。2005年に紫色の瓶で再登場し、一般でも購入が容易になった。
 登場:Spirits - その10 我、宝物庫ヲ守ル者ナリ




Black Death Gin
 【ブラック・デス・ジン】


 分類:ジン
 度数:40度
 製造国:イギリス
 製造元:Richmond 【リッチモンド】 社。

 解説:
   ルクセンブルクに本社を構える Sigardson 【シガードソン】 家が、ジンの老舗蒸留所であるRichmond 【リッチモンド】 社に作らせているジン。味わい、香りともに安定しており、キレの良さでは抜群に優れている。恐ろしげな名前とは裏腹に、非常に飲みやすい一品。
 登場:Spirits - その16 黒死病の仮面(The Masque of the Black Death)







BLAVOD 【ブラヴォド】
 分類:ウオツカ
 度数:40度
 製造国:イギリス
 製造元:BLAVOD DRINKS LTD.(アメリカではテネシー州フランクリンにてTHE BLACK VODKA COMPANY, INC. の名で拠点を置く)

 解説:
   BLACK VODKA 【ブラック・ウオツカ】とあるように、ミャンマー産のブラック・カテチュという薬草を用いた黒に近い深緑色のウオツカ。マーク・ドーマンがバーでのやり取りから生み出した新しいタイプのウオツカで、1996年に発売。
   ブラック・カテチュはタンニンが豊富で、健胃薬としても用いられる。スピリッツの特徴でもある、喉の焼け付くような刺激が薄らいでいるので、ストレートで飲んでも可。
 登場:Spirits その6 - 不気味なまでに薄暗い空の下で・・・




BOLS GENEVER Zeer Oude 【ボルス イェネーフェル ゼール・ウーデ】
 分類:ジン
 度数:35度
 製造国:オランダ
 製造元:Bols Royal Distilleries 【ボルス・ロィヤル・ディスティラリー】 社

 解説:
   現存する世界最古のジンの蒸留会社であるBOLS 【ボルス】 社のオランダ・ジン。Oude 【ウーデ】はモルト・ワインが5%以上含まれていることを指す。
   ジンは元々はオランダが発祥で、後にロンドンで現在のロンドン・ジンが造られることになる。味わいはロンドン・ジンに比べると複雑で、やや薬くさい感じがするが柔らかく、そのままでも飲みやすい。
 登場:Spirits - その18 茶色の服のジン (The Gin in the Brown Suit)




BOLS SILVER TOP 【ボルス・シルヴァー・トップ】
 分類:ジン
 度数:37.5度
 製造国:オランダ
 製造元:Bols Royal Distilleries 【ボルス・ロィヤル・ディスティラリー】 社

 解説:
   現存する世界最古のジンの蒸留会社であるBOLS 【ボルス】 社のジン。名前の通り銀冠をイメージしたキャップが特徴。
   他のロンドン・ジンに比べて荒々しい雰囲気を持つ。
 登場:Spirits - その14 永遠の始まり(The Start of Eternity)







BOMBAY SAPPHIRE 【ボンベイ・サファイア】
 分類:ジン(ロンドン)
 度数:47度
 製造国:イギリス
 製造元:THE BOMBAY SPIRITS COMPANY

 解説:
   創業は1761年。第二次大戦を経て、1950年にプレミアム・ジンとして復活。アメリカで人気を博す。
  10種類の珍しいボタニカルが使われており、ボトルの左右にも彫りこんである。内訳は、Almonds From Spain 【スペイン産アーモンド】、Lemon Peel From Spain 【スペイン産レモン果皮】、Liquorice From China 【中国産リコリス】、Juniper Berries From Italy 【イタリア産ジュニパー・ベリー】、Orris (Iris Root) From Italy 【イタリア産オリス(根)】、Angelica (Root) From Saxony 【ザクセン産アンジェリカ(根)】、Coriander (Seeds) From Morocco 【モロッコ産コリアンダー(種)】、Cassia Bark From Indo-China 【インドシナ産カシア樹皮】、Cubeb Berries From Java 【ジャワ産クベバ・ベリー】、Grains Of Paradise From West-Africa 【西アフリカ産グレインズ・オブ・パラダイス】 。
  さらにヴェーバー・インフュージョン製法という特別な手法により原液が作られ、ヴェルヌイ湖の水と融合し、製品となる。
 登場:Spirits その2 - BOMBAY SAPPIRE 【ボンベイ・サファイア】








BOOLDES 【ブードルズ】
 分類:ジン(ロンドン)
 度数:45度
 製造国:スコットランド
 製造元:Cock, Russell & Co.,Ltd.【クック・ラッセル社】

 解説:
   1845年に登場した、スコットランドのジン。ボトルはSeagram 【シーグラム】の創設者サムエル=ブロンフマンのデザイン。現在のクック・ラッセル社はシーグラム社の傘下。名前はロンドンにあった「ブードルズ・クラブ」にちなんでいる。
   王冠や、王者の象徴である獅子が描かれていることから、王室と何らかの関係があるものと思われるが、不明。
   典型的な味わいのジン。飛びぬけた特徴ことないものの、安定性が高く、カクテルに向いていると思われる。
 登場:Spirits - その13 ブードルズ・クラブ(Boodles Club)


スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://ktka.blog56.fc2.com/tb.php/62-92320c4c

プロフィール

倖成卓志

Author:倖成卓志
 いざ、霊薬【エリクシル】を求めて・・・

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。